Two Years Honeymoon in New York ニューヨークで迎える新婚生活
「NYで新婚生活なんてかっこいいじゃん!」と大学院生の夫は云うが、限られた収入でやりくりするのは簡単じゃない!家事、語学、節約、夫婦の絆。限られた時間、収入の中でも楽しみたい。そんな新妻Marikoの奮闘記。
プロフィール

まりこ

Author:まりこ
79年2月生まれ。うお座。05年7月、入籍結婚し、NYで大学院生活を送る夫を追って05年9月渡米。マンハッタン・イーストヴィレッジで新生活を始める。高い家賃と生活費、課題に追われ帰宅の遅い夫。NYでの新婚生活は想像していたほど、バラ色ではなかった!!新妻Mariko、安くて栄養価の高い食材と素敵なNYスポットを日々探求中です!応援よろしくお願いします!

*ニューヨーク時間*
(日本時間より-14時間)

*ニューヨークの天気と気温*

Click for New York, New York Forecast



 ワンクリックすると一票入ります。
 応援よろしくお願いいたします☆
 →人気blogランキングへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カセマーケット②
kasemarket2

kasemarket2

kasemarket3.jpg
都市アクラにあるマコーラマーケットの狭い空間にギョっとするくらいの人で埋め尽くされていますが、ここカセマーケットは少しゆっくりと買物をできるような場所です。人もアクラの人より穏やかでフレンドリーです。

写真上:カセマーケットの全体。
写真左上:パームオイルを売っています。やしの木からでる油です。ガーナ料理に必須!多くのシチューに入っています。
写真右上:ココヤムというお芋を油で揚げています。これはやつ頭のような味で、おいしかったです。
写真左:子供たちの様子。小さい子供たちも頭に商品を乗せて働いています

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ


カセマーケット①
kasemarket2
 火曜日と木曜日が開催のアダにあるマーケットです。野菜や果物、雑貨など日用品が揃っています。この日はラジオアダでマーケットのレポーターをしているルビーのお仕事について行きました。なのでいつもはあまり写真を撮ることができないのですが、人目を気にせず沢山の写真を撮ることができました。
kasemarket1
写真左上:私達は好きな焼き魚!日本を思い出す、私達にとって嬉しいお魚です。一匹70円ほど。
写真左下:魚の燻製。右にいる女の人は頑張って、値切っていました。それに対してなかなか「イエス」と言わないお店の人。
写真右:器用に頭に乗せています。アフリカ人のスタイルの良さはこのお陰なのかなぁ。


断念。。
実は一週間前に都市のアクラに行った日。
彼はアダで一人、体調を崩していました(日射病かな)。
私がアダについた夜8時ごろにはよくなってきているようでした。弱っているときは日本の料理が恋しくなるっ。持ってきたインスタントのお味噌汁で、だいぶ気持ちは落ち着いたものの、私も車酔いで気分がよくなかったので、二人で早くベッドに横になりました。そして数時間後。(なんか気持ち悪いなぁ。)彼が使った体温計が目に入り、ちょっと計ってみようっという軽い気持ちで試したら、なぜだか37度8分の熱。時間が経つとさらに気持ちも悪くなり、二人とも寝れない夜に。
adafoah
 こんな夜は日本の話で二人盛り上がる。「やっぱり日本はすごいよっ!」「日本に帰ったら、あそこのラーメン屋さんにまっさきに行こう。」「焼肉食べよう!」「寿司食べ放題に行こう!」あっ~~、日本が恋しぃ~~!

 そして今まで溜まっていた気持ちも噴出すのです。「この部屋にいると何もやる気がしないぃ。」私達が泊まらせてもらっている部屋はベッドもあるし、ドレッサーもあるし、扇風機もある。けど、何がそんな気持ちにさせる一番の理由は、電気。電気の色が薄暗い青なんです。あの青いライトはやる気を根こそぎ吸い取ってしまうのです。こんなところでは、この病気も治りそうにもない。歯を磨くことも顔を洗う気持ちを失わせるこの青白い電気の魔力に日に日に取り付かれていっていました。ましてや、パソコンを開いて、事務作業もする気がしなし、考えるということさえもいやになってくる。このドンヨリとした雰囲気の中、さらに寝るときは小さな蚊帳のなか。さらに圧迫感があり、ベッドの上は砂でザラザラ、小さな虫の死骸がいたりと、寝ながらも、どこか気持ちが悪い。トイレは汚いので、トイレにいくことを我慢してしまうし、シャワーを浴びるものいやだ。。

cfhouse.jpg コフィー宅でホームステイをさせてもらってから、2日目の夜。夜寝てるとき、彼にたたき起こされた。はっと起きた私。どうやらうなされていたよう。「う~~、うっ~~~」「ん~~~、んっ~~~」っと顔を左右にねじらせながら、苦しんでいたそう。たっくさんの虫に覆われる夢を見ていたのです。。めったにうなされるということはないので、相当精神的に虫に追われていたようです。。そんな虫への恐怖心はあのゴキブリだらけのトイレに行った日にさらに高まり、「バッグパッカーっと結婚しなければよかった。」という名言まで出てきました(笑)その後二人の間では深刻な話し合いが行われました。(笑)

 「やっぱりご飯が合わない。」コフィー宅に来て、2日くらいは魚くさいけど、まぁ食べれるかなぁっ。お肉はグロテスクなので、彼のお皿にお裾分け。私にとって朝用意してくれるパンが一番の息抜きなのですが、2日に一度は「ジャリっ」という触感。彼に「お母さんは自分ができる限りのことをやってくれているんだから、わがままをいってはだめだよ。」っと言われると、(わかっているけど、、んっ。。。)っと何も言えなくなっていました。舌の感覚を麻痺させるしかないっ。コフィーのお母さんは気を使ってくれて、沢山のご飯を用意してくれし、最初は我慢して、用意されたもの、全てを食べられていたのが、だんだんと食べられる量が減ってくると、何なら私達が食べれるかと気を利かせて聞いてくれる。でも、私達はガーナの家庭料理自体を受け付けなくなってきていました。(どうしたらいいんだぁ。。)っと毎日、夜帰るときには自然と憂鬱な気分になっていたのです。「お母さんの気持ちを考えると、少しでも食べようと努力をするものの、結局食べきることはできず、気持ちは沈む一方。そしてアクラから帰ってきたこの日。ついに彼が、「ご飯あわないかも。。」という一言。今までコフィーによくご飯を勧められてきたのですが、だんだんと辛くなってきていたそうです。二人の気持ちがやっと一致しました!

二人とも全ての神経を無感覚にして、なにも感じないようにとか神経を閉ざしているのにも疲れてしまいました。

paradise.jpgピーターとマーシャがいるとき「温かいシャワー」を求めにきていたパラダイスホテル。やる気を吸収され、体調も崩した結果、残りの滞在はこのホテルに泊まることに決めました!私はこのホテルに移動した日の夜には熱は回復し、今度は下痢との闘いの中であったものの、やっと虫におびえることなく、ベッドの中で休めるぅっと幸せモード。彼はというと、このときには完治していて、プールにいったり、テレビをみたり、夜パソコンに向ってこれからの撮影の計画を立てたり、今までなぁなぁになってきたことができて、やっとビジョンがハッキリとしてきたよう。私も彼も体全部の神経がやっと開放的になったのを感じました。
 
 アフリカの生の生活を体験しながら、撮影ができるのが一番の理想なのかもしれないけれど、オンとオフの時間がないとはかどらない。温室の環境で27歳まで育った私にとって現地の生活を知ることができたのはいい経験になったものの、アフリカでのホームステーは10日間が限界でした。

写真上:コフィー宅があるAda Foahの風景。ここは少し栄えています。
写真中:コフィー宅。外見はすごく綺麗でしょ。下の写真。これが私達の思考回路をおかしくした青色のライト。食事をしていても、何色のものを食べてるのか分かりませんでした。。青すぎですよね。
写真下:今現在滞在しているマネット パラダイス ホテル。旅行者などはここにはあまりいないので、ほとんどこの前にあるプライベートビーチは独占です!写真下のようなトカゲは至る所にいます。

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ


ブログ更新開始!!
再びアクラに来ています。今日の日帰りなので、バタバタです。朝6時アダ初のトロトロに乗ろうと、5時半にタクシーを手配していたのですが、1時間、2時間経っても、タクシーが捕まらない。結局ホテルに来ていたポリスマンに話したところ、途中まで車で送ってくれることになりました。発展途上国のトランスポーテーションは当てにならないっということは分かっているけど、、困りました。帰りは夕方4時ごろにはアクラをでないと、トロトロも少なくなるし、アダまでの直行のトロトロがなくなります。今日の予定はブログ更新とマコーラマーケットで生地のお買物です。文章めちゃくちゃになってしまいますが、大急ぎでブログを更新していきますね。
沢山の家族との出会い
fisherman.jpg彼はラジオアダの取材をしています。ガーナの公用語は英語とされていますが、チュイやガなど50以上もの現地の言葉が使われています。もちろん教養のないひとは現地の言葉を話し、英語は話せません。ラジオアダはダンウェイという言葉を使ったコミュニティーに密着したラジオ局。今まで英語でしか知ることができなかった世界のことや現地のことなどが現地の言葉で知ることができるのです。今彼はラジオアダの視聴者を取材しています。そこで沢山の貧しい家族と出会いました。

アダは川と海があるので、漁業が盛んです。ある日お話を聞かせてもらった家族はお父さんは漁業をしていて、お母さんはその魚をマーケットで売っています。子供は5人。英語は話せないので、ラジオ局のエミリが通訳として付き添ってくれています。彼らに「いつも使っているラジオを見せてください」とお願いしました。持ってきてくれたのは電池の入っていないラジオ。電池が切れていて、今はラジオを聞けないそうです。「今日は魚が取れなくて、収入がなかった。」っと。今度魚が沢山取れたら、電池を買うそうです。電池は4個入りで8000シディ(=約100円)。どういうふうに考えても、その日暮らしの生活です。

fisherman1.jpgそしてまた別の日、出会った女の子。沢山の子供たちが元気にカメラに飛びついてくる中で、か細い声で、その女の子は私に声を掛けてきました。近くにある小学校があったので、「あなたもあの学校に通っているの?」っと聞くと、「うん」っという返事がありました。ガーナでは日本のように中学校までは義務教育です。丁度小学校が終ったようで、沢山の小学生が先生にお別れの挨拶をしていました。赤と白のチェックの制服を着ている子供たち。(この子もあの制服を持っているのかな??)女の子とやせ細った体と擦り切れた服をみて、聞こうをして止めました。今学校に行っているべき時間なのに、行っていないのは、経済的理由でいけないに違いない。

「今何歳??4歳?5歳?」。「11歳だよ。」日本ではどうみても4歳か5歳くらいの体つき。じっくりと見ていると、顔はこけているし、足は鳥の足のように細い。「家はどこにあるの?」っと聞くと、すぐ近くにある家まで案内してくれました。家の前にはお母さんがいて、なにやらご飯を作っているようでした。英語が話せないので、会話ができませんでしたが、この女の子のおばあちゃんかと思うくらいやつれています。苦労が顔や体つきに滲み出ていました。外で火を焚いてお湯を沸かしていましたが、一体今日一日のご飯が用意できるのかな。

afamily.jpg そのお母さんとは別れ、車に戻ろうとしているとき、その女の子はあのか細い声で「マニーMoney」と私にお金を求めてきました。今まで沢山の子供や大人からお金を求めてこられましたが、まだその子たちの声ははりがあり、私が断ってもまだ言いかえすパワーがあります。しかしこの女の子とはすぐにでも倒れてしまいそうな、小さな小さな女の子。助けてあげたいっ。

 一昨日彼が出会った家族。一歳半の子供が死にかけていました。きっとマラリアでしょう。病院にいったら、直る病気。しかし病院にいく費用がありません。このままでは死んでしまうと分かっているものの、何もできず、日に日に死が近づいているのを見守ることしかできないのです。この子の兄弟は(本当は)6人。みんな双子だそうです。つまり双子が3組いる家族です。しかし双子のうち、どちらか一方の子供は亡くなっているそうです。

 ガーナでは至る所に沢山の子供がいます。一家族、五人以上の子供がいるのが標準です。しかしそれに比例して死亡率も高いのが現状。今まで多くの人にお金を求められてきたけど、あげたことはありません。助けてあげたいものの、貧しい家族は数え切れないほど沢山います。一体お金をあげていいものか、この葛藤はずっとつづくのだろうなぁ。

写真上:1つの網に40人以上もの人が、「えーー、えーー」っと独特な声をあげて、網を引っ張っていました。
写真中央:魚が網に引っかかっているのをみて、脇から勝手に魚を取っていってしまう人もいました。
写真下;Akuseで出会った家族。

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ

では、大急ぎで更新しましたが、再びアダに戻ります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。