Two Years Honeymoon in New York ニューヨークで迎える新婚生活
「NYで新婚生活なんてかっこいいじゃん!」と大学院生の夫は云うが、限られた収入でやりくりするのは簡単じゃない!家事、語学、節約、夫婦の絆。限られた時間、収入の中でも楽しみたい。そんな新妻Marikoの奮闘記。
プロフィール

まりこ

Author:まりこ
79年2月生まれ。うお座。05年7月、入籍結婚し、NYで大学院生活を送る夫を追って05年9月渡米。マンハッタン・イーストヴィレッジで新生活を始める。高い家賃と生活費、課題に追われ帰宅の遅い夫。NYでの新婚生活は想像していたほど、バラ色ではなかった!!新妻Mariko、安くて栄養価の高い食材と素敵なNYスポットを日々探求中です!応援よろしくお願いします!

*ニューヨーク時間*
(日本時間より-14時間)

*ニューヨークの天気と気温*

Click for New York, New York Forecast



 ワンクリックすると一票入ります。
 応援よろしくお願いいたします☆
 →人気blogランキングへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Conversation Partner
 
 やっとお互いの母国語を教えあうパートナーがみつかりました☆
大都市ニューヨークではさほど英語を使わなくてやっていけるので、探す気がなくなっていた長い冬眠時期もありました。日系のスーパーもあるし、日系の不動屋さんもあるし、旅行会社もあるし、町並みも東京に似ているエリアもあるので、最近では日本にいるのかと錯覚を起こすくらいになっていました。

stabu.jpg しかしトラブルがあると、英語。最低レベルの会話は覚えているものの、あのニューヨーカーの勢いでまくし立てられると、この英語では立ち向かえません。といっても、日本語でも立ち向かえませんが。。

 今回は日系スーパーにちらしを載せるのではなく、外人さんの情報サイト"クレイグスリスト"で募集しました。もちろん「女性限定」。そして女性でもいろんな方がいるので、「既婚」という文字も加えて。

 約5人からメールを頂いたのですが、結局ちゃんと会う約束までできたのは一人。前回のいやな経験"があるので、名前「ジョイ」と聞いても、男性かもしれないと疑っていました。そこで「あなたは女性ですか?」とメールをすると、。「女性です☆」すぐに返事がありました。「よかったぁ~。」最初から彼女の対応の仕方や英語の文章をみて、人柄の良さが滲み出ていて、この人となら真剣に勉強できそうだなっと思っていたのです。

stabu2.jpgそして昨日、どきどきしながら、待ち合わせ場所のスターバックスの前で彼女を待っていました。彼女が彼女の写真を事前に送ってくれていたので顔は分かっていたものの、当然ですが沢山の外人さんが周りにいて、探すのが大変。待ち合わせの時間を過ぎても来ないので、友人や彼に電話をして待っていました。電話で話していると、前にタバコをくわえサングラスをかけた黒人さんが立っていました。一瞬で「この人ではないなぁ」と目の前にいる彼女を視野の外に。しかし目で合図する彼女。「この子かぁ~☆」

 紹介します。彼女の名前はジョイ。黒人さんです。ニューヨーク生まれ、ニューヨーク育ち。カレッジの学生。たばこを吸っていたので、最初の印象はあまり良くないものの、話してみると年層のとても可愛らしい彼女。洋服屋さんで深夜アルバイトをしています。

 私は彼女にひらがなを教えてあげました。私の字を真似して、ひらがなを書くジョイ。「おはよう」と「こんにちは」をひらがなで書けるようになりました。「わぁおぉ~~☆すごいぃ~。すうぃ~~と♪」と小さな身体を横に振って喜ぶ彼女。とっても素直な女の子です。

続きは次の更新で☆
応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ



外人さんの味覚
 彼の学校がお休みに入ってから、ある教授がホームパーティーに招待してくれました。potluckという一人一品食べ物を持ち寄る形式のパーティーです。私は先日友人が勧めてくれた「ちらし寿司」に決定!インスタントの寿司太郎をご飯に混ぜるだけだからと、楽チン!チャッチャッチャッ!と混ぜてできあがりっ♪外人さんに大人気でしたよっ!「ありがと~~~、Nちゃん(教えてくれた友人)!」

しかしですねぇ。。あのクリスは食べてくれなかった。。(泣)

 クリスというのはギリシャ人の同級生。彼は見た目はクール。中身は生真面目!何事にも真面目で、そんな姿がお茶目に見えてきます。たとえば女性とのことを真剣に語ったり、そして私と彼のことを記者のように(実際記者なのですが。)真剣に訊いてくるクリス。「普通そこまで聞くかなぁ~」という質問を出たり、全てのことに真剣で面白いんですっ。それと同時に恐がりであまり新しいことにチャレンジするタイプではありません。そんなギャップがかわいいのですが、私はど~~しても気になることがあるのです。

party1.jpg それは去年のクリスマスパーティーから始まっています。うちでpotluckパーティーをしました。私は外人さんも食べやすいものでクリスマスっぽいものと思って、ハンバーグを作りました。「これならみんな食べれるでしょう。」でもクリスは一口も手をつけてくれませんでした。。「せっかく作ったんだから、食べてよ~~(泣)」

 私達はある日他の友人も含め、チャイニーズレストランに行きました。そこでクリスは「チキン チャーハン」を注文。みると他のものにはほとんど手をつけず、そのチャーハンもあまり口にしていませんでした。また別の日。再びチャイニーズレストランへ。クリスは同じく「チキンチャーハン」を注文。以前と同様あまり食べていませんでした。数週間後、チャイニーズレストランへ。もちろん「チキンチャーハン」を注文。。あまり口にせず。。

party.jpg「ど~~してクリス、チャーハンしか注文しないのっ??そんなにチャーハン好きなら、もう少し食べればいいのにぃ!」「???」

 最近再びチャイニーズレストランへ行きました。クリスは1時間ほど遅れてきました。私達はクリスを想い、来るタイミングを見計らって、メニューに載っていた「揚州チャーハン」を注文しておきました。私達はクリスの喜ぶ姿を期待していました。

 クリス、到着☆まもなく発した言葉が「これはチキンチャーハンではないっ!」でした!スタッフを呼んで、メニューにのっていない「チキンチャーハン」を注文したんです!いつもの頑固なクリスを知っているものの、呆れ顔の私達。せっかく私達がクリスのために注文したのにぃ。。(苦)

party5.jpg しかし、この日はいつもと違って、一皿一人で食べきったのです☆誇らしげに空になったお皿をみせるクリス。「ほ~~ら全部食べれたでしょ♪」お茶目なひとです(笑)

 クリスはアジア料理に抵抗があるようです。しかし私達がアジア料理が好きなので、優しいクリスは私達に合わせて中華料理屋さんについてきてくれるのです。ギリシャにも中華屋さんがあって、クリスが唯一食べられるもの、それがチキンチャーハンなのです。食べられるといっても、好きではないはず。「そんなに無理してあわせなくていいのに。今度はぜひギリシャ料理を食べにいこうねっ。」

 応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ

気持ちよくないマッサージ
festival

festival.jpg 陽気が良くなってから、至る所でストリートフェスティバルが行われています。先日は2Aveの通りを何ブロックも通行止めでフェスティバルがあり、沢山の露天が軒を連ねていたました。日本にもあるチョコバナナやクレープ屋さん。南米系のひとが経営しているレモネード屋さんやスムージー屋さん。インドシルクのお店や中国人が経営するサングラス屋さん、雑貨屋さん。そして小さな野外ライブなど、日本のお祭りでは見かけない国際色豊かなお店が並んでいます。

 彼は編集の疲れを取るため、中国人が経営するマッサージ屋へ。「青空マッサージなんて珍しいっ♪」と私がカメラを構えると、「カメラ NO~~!」と駄目打ち!「別にいいじゃんね~。」いつものように料金を交渉する彼。15分で12ドルに決まりました!

festival2.jpg マッサージが終わり、彼に感想を聞いたところ。。彼にマッサージをしながらスタッフ同士で中国語でおしゃべりをしていたいたそうです。彼は少し中国語を知っているのですが、なんども「リーベン コワイズ」という言葉が聞こえてきたそうです。「リーベン コワイズ。」とは「日本は鬼の子」という意味。日本の悪口です。自国の悪口を聞きながら、マッサージされるなんて気分悪いですよね!気持ちいいはずがないですよっ。無防備なお客さんはいつ首をしめられてもおかしくない状態。スタッフのほうは相当力が入ったんじゃないでしょうか?

 それに加えて15分の約束だったのに、12分でストップされたんです!「アメリカ人はこんこなこと(値切ったり)しないっ。」と!ひどいっ!

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ

  

ニューヨーク生活
 私達はこのアパートに住んで、7ヶ月が経ちます。何もしてなくてトラブルが起こるニューヨーク。確実にうちにも起こっています。

nighbor4.jpg  ①「ぷぅ~~ん」。うちの隣には白人の女性が住んでいます。年は40代後半、見る限りではわからないのですが、不自由なところがあるのか、ほとんど家からでません。犬を飼っていて、たまに部屋からフローリングの上を歩く犬の足音が「カタカタ。。」と聞こえます。

 そのお隣から「ぷぅ~~ん」と漂わせているトイレの芳香剤のようなにおい。においはきついものの、「外人さんらしいなぁ。」と思うほどで気にしていませんでした。が、最近は犬のおしっこを芳香剤で消そうとしているのか、ミックスされた強烈なにおいがじゅうまんしています。。「うっ。。」

 ②「ガチャッ!」。あれ~~、シャワーカーテンのスタンドが取れたぁ。。!(泣)「大家さ~ん!」っと翌日見に来てくれたっ☆早く来てくれたのは、早く来るように仕向けたから。「大問題が起きたっ!早く直してくれないと、もうここには住めないっ!!」とお~~げさに言ったのです☆ここニューヨークではこの演技が大切ですよ!状況をみた大家さん。「大問題じゃないよっ。この代わりになるものを用意するから、明後日には直しに来る。」と言ってスタスタと帰っていきました。

 「よかったぁ☆」そして待ちました。待ちました。。来ない。。来ないじゃん。。!大家さんに会うたびに、「直しに来て!」といいました。しかし何日経ってもでも来ない。。「いつ来るの?」と聞くと「明日の11時にいく。」と言っていました。。でも来ない。。ロープでくくりつけているので、生活するには支障はないものの、早く直してほしい。問題が起きてから、2ヶ月は経っています。アパートの前で笑顔でたっている大家さん、一体あなたはいつ直しに来てくれるの?


 ③「ポタポタポタ。。」。寝ているとき、どこからか聞こえてくる水の音。「ポタポタポタ。。」気のせいに違いないっ。また次の日も睡眠中にポタポタポタ。あるときは昼間にポタポタポタ。「あっ~、水漏れ~。」水漏れがするときは暖房が聞き始めるとき。朝の5時と昼の2時ごろにうちの暖房は動き始めます。

 「大家さんに連絡しなきゃ~~。」とすぐに電話をして、留守電にメッセージを残すと、まもなく電話がきて、事情を話すと、数日後みに来てくれた。「これは暖房だな。。おっけい、直してくるっ」とさっさと出て行ってしまった。「だいじょうぶかぁ」と思っていたものの、翌日には水漏れもなく一安心。

 しかし2日後。「ポタポタポタ。。」。。「いやいやそんなはずはないっ。」と耳を疑ったものの、たしかに水漏れの音。「最悪。。」すぐ大家さんに連絡。すると「上に住んでいる人に違いないっ。話してくるっ。」と一言。その後数日経っても、水漏れ直る気配なし。大家さんに連絡して、家に確認しに来るよういってもこないっ。アパートの前で会うたびに大家さんにいっても、来てくれない。。一体いつ来てくれるの。。と思っていたら、春が来てしまいました。。


 5月に入ると彼はお休みになるので、私にはできないお~げさな演技を彼にしてもらおうかと。それでも無理なようであれば、オーナーに連絡する!それでもきてもらえない場合はオーナーに手紙でも出そうかな。期限を勝手に決めてO月O日までに直すこと。それまでに直らなかった場合、勝手に業者に頼んで、請求書はのちに家賃から差し引きます。っていう感じで、やるしかないですね。

 ある人は修繕するまで大家さんに家賃を半年間滞納し、ハウジングの裁判所にクレームを出して、裁判で定められたある一定期間内(確か1ヶ月以内)に引越しをすれば、滞納した家賃は支払わなくても良いということで、期限前日に夜逃げのようにもぬけの殻にして引っ越したそうです。。

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ



移民問題
demo1.jpg もう2週間ほど前の話になってしまいますが、今月10日のこと。彼にデモがあると呼び出され、ロウアーマンハッタンにあるシティーホールに向かうと、テレビ局の車が何台も止まっていました。ニューヨークでは少人数から500人程度のデモはよく目にしますが、これは大きいっ!

 アメリカへの移民規制の強化に抗議する移民のデモでした。ニューヨーク、ワシントンなど全米の約70カ所で同時に行われ、数十万人が「移民に職の機会を」「われわれはテロリストではない」などと訴えました。

demo2.jpg メキシコ国境などから米国に入国した不法移民は約1200万人ともいわれ、政府は不法移民対策を検討しているそうです。不法移民を重罪とし、国境に1000キロを越える壁建設などの策を求める声が上がっています。(以上「四国新聞社」より)現在の移民法では180日間以上不法滞在した人は3年間の入国禁止。1年間以上の不法滞在者は10年間の入国禁止、さらに強制退去処分を受けた場合は20年間の入国禁止となります。深刻な話のようですが、ニューヨークには不法滞在者はたっくさんいます。取締りが行き届いていないニューヨークに問題があるようにも思えますが。

demo3.jpg 不法滞在者と聞くと、ここニューヨークでは主に南米から来た人たちのイメージ強いですが、驚くことに日本人も沢山います。学生や観光ビザで入国し、ビザの滞在期間を過ぎても住んでいるのです。こそこそ隠れて生活するでもなく、主にレストランで普通に働いて収入を得ているんですよ。日本人は基本的に真面目な気質で、アメリカに信頼されていて、あまり疑われず得している面もあるのだと思います。

 アメリカの適当な規律そして日本人に対しての甘い態度ゆえ、日本人の不法滞在者にとってニューヨークには抜け道がいくらでもあるのです。不法滞在者でも働き口はありますし、銀行だって携帯借りることもできます。彼らにとっては住みやすい街ですよね。日本のニュースではたまに不法滞在者の取り締まりの報道が流れますが、ニューヨークでやったら、わんさか出てきて大変なことになるんじゃないかなぁ。

 不法滞在者に限らず、正当な移民にとってもアメリカは住みにくい国になってしまうのでしょうか?これからあのアメリカのシンボル、自由の女神も肩身が狭くなってくることもあるのかもしれませんね。がんばれ、移民!

demo.jpg

 この取材を彼は学校の報道番組の授業で取り扱い、見事「A」のスコアーを頂きました。いつか彼が扱ったトピックを少しずつ紹介できたらなぁと考えています。

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。