Two Years Honeymoon in New York ニューヨークで迎える新婚生活
「NYで新婚生活なんてかっこいいじゃん!」と大学院生の夫は云うが、限られた収入でやりくりするのは簡単じゃない!家事、語学、節約、夫婦の絆。限られた時間、収入の中でも楽しみたい。そんな新妻Marikoの奮闘記。
プロフィール

まりこ

Author:まりこ
79年2月生まれ。うお座。05年7月、入籍結婚し、NYで大学院生活を送る夫を追って05年9月渡米。マンハッタン・イーストヴィレッジで新生活を始める。高い家賃と生活費、課題に追われ帰宅の遅い夫。NYでの新婚生活は想像していたほど、バラ色ではなかった!!新妻Mariko、安くて栄養価の高い食材と素敵なNYスポットを日々探求中です!応援よろしくお願いします!

*ニューヨーク時間*
(日本時間より-14時間)

*ニューヨークの天気と気温*

Click for New York, New York Forecast



 ワンクリックすると一票入ります。
 応援よろしくお願いいたします☆
 →人気blogランキングへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行満喫??の続き
 イタリア旅行満喫??の続き

 こんな苦い時間も1時間ほどすると、話題はフィレンツェにある美味しいお店に変わり、いくつか紹介してもらいました。kさん、酔いが気持ちよく回り始めたのでしょうか。このときは良い子ちゃんでした。とめどなく話すおじさんも、ついに席を立ち。やっ~~とのことでお別れすることに。まず女性とよいお別れの挨拶をし、さぁ次はおじさん!と思っていたのですがぁ、紹介してくれた「店まで案内してやるっ」と、すでに千鳥始めているおじさんについていく羽目に。。「え~~ん(涙)」

street1.jpg 「まさかこのおじさん、一緒にご飯までしないよなぁ。」と不安に思いながら、暗闇の住宅街に進んでいきました。「ここのお店はそれなりにいいものを出す!」っと思った通り、一緒にご飯を食べることに。。酔いながらも流暢なイタリア語で注文。たしかに観光客用に作られている味ではなく美味しかったのですが、あまりおなかがすいていなかった私にはすごい量。。何かをいうと怒られるのではと、ハラハラしていた私。出されるがままパクパクパク。。「うっ、くるしい。。」

 ご飯を食べながら、おじさんはコクッコクッと半分眠りの中で、「ありのままにとればいいんだっ!」っとまた説教じみたことを話すし、「俺は目をみるだけでわかる」っとよく分かってない人がよく話すことを話すは、、。「料理はするんですか?」と聞くと、「おまえっ、!!」と怒るは。。どうしたらいいかわからなくなってしまい、私の苛立ちはピーク。「え~ん、なんで私フィレンツェで酔っ払いの相手してるのぉ。さっさと帰りたいぃ。。」

 ついにパスタ、スープ、お肉と平らげ、お会計!「さぁ、いくらかなぁ」と思っていると、隣にいるおじさんは財布を広げていました。「ん!?」。「えっ!?」「はいってないじゃん!」財布の中は空っぽでした。。「なんでぇ!」結局おじさんの分まで払う羽目になったのです。。
street.jpg 
 いらいらもピークにあるというのに、このおじさん、再び強制的に「ここのホットチョコレートが美味しいんだ。奥さんに飲ませてやる!」とポケットに入っていた10ユーロで一杯のホットチョコレートを注文。たしかに美味しかったけど、このおじさんの口の悪さにいらいらするし、泥酔状態のおじさんがホットチョコレートを飲むのはいいけど、まるでお歯黒のように真っ黒になった歯をむき出しにしながら笑うおじさんにはもうお手上げでしたぁ。このお店もでて、千鳥足になっているおじさん、、車にぶつかりそうになると車にふっかけるしもう大変!

 やっとのことでお別れすることに!すでに人通りがほとんどない時間帯です。「さよなら~~♪」「やったぁ~~!解放されたぁ☆」とホッとすると同時に我慢していた苛立ちが爆破!彼に当たってしまいました。。「もうがっかり、、なんでフィレンツェであんなおじさんのお世話しないといけないの!!もう最低!!!ぷんっ!」

 彼はおじさんの写真やレストランの写真を沢山撮っていたのですが、ここに一枚もない理由。それは全て削除したからです。私達のフィレンツェでの貴重な一日を蝕んだ罰です!とは言え、今では笑い話になり、忘れがたい一日になりました。

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

あらまぁ~すごい体験をしてきたのね。
貴重なフレンツェでの時間、旅は道ずれというものの、色んな人がいるもんだね。
そのおじさん、根っこの部分はすっごく寂しがりやな人なのかもなぁーって思って読んでた。
外国で一人で住むって人をガンコにさせてしまうものがあるのかもしれない。
強くないとやっていけないし、通用しないしね。
でもそのおじさんは確信犯だろうけど。。

旅って、時間や空間を楽しむものでもあると思うんだけど、
思い出も時間の経過によって作られるもので、
気持ちが動いた分、忘れられないものになる。
色んな空間と時間を感じて過ごしたフィレンツェでしたね。

よく頑張りました、まりこさん。
【2006/04/02 15:47】 URL | おくかわ #- [ 編集]

Re:
おくかわさん!
そうなんだんよね、たぶん寂しいのだと思う。
私達がタイに旅行に行ったときも似たようなおじさんにあったことがあって、家にいったらグラビアのお~~きな写真がベッドのよこに貼ってありました。「この人さみしいんだぁ」って思った。
外国が人を頑固にさせるのか、日本では頑固すぎて大変で(笑)、自由な海外に出てきたとも考えられるよね。
それにしても私達ではなく、他の人を捕まえてほしかった。。
でも確かにおくかわさんの言うように「気持ちが動いた分、忘れられないものに」なりましたぁ!
【2006/04/02 17:35】 URL | mariko #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://20050921.blog39.fc2.com/tb.php/88-bd36e069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。