Two Years Honeymoon in New York ニューヨークで迎える新婚生活
「NYで新婚生活なんてかっこいいじゃん!」と大学院生の夫は云うが、限られた収入でやりくりするのは簡単じゃない!家事、語学、節約、夫婦の絆。限られた時間、収入の中でも楽しみたい。そんな新妻Marikoの奮闘記。
プロフィール

まりこ

Author:まりこ
79年2月生まれ。うお座。05年7月、入籍結婚し、NYで大学院生活を送る夫を追って05年9月渡米。マンハッタン・イーストヴィレッジで新生活を始める。高い家賃と生活費、課題に追われ帰宅の遅い夫。NYでの新婚生活は想像していたほど、バラ色ではなかった!!新妻Mariko、安くて栄養価の高い食材と素敵なNYスポットを日々探求中です!応援よろしくお願いします!

*ニューヨーク時間*
(日本時間より-14時間)

*ニューヨークの天気と気温*

Click for New York, New York Forecast



 ワンクリックすると一票入ります。
 応援よろしくお願いいたします☆
 →人気blogランキングへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行満喫??
jacket

 13日昼ローマからフィレンツェに移動し、翌日のウッフィッチィ美術館のチケットを購入し、美味しいレストラン探しに取り掛かりました。ローマと違ってなかなか思っていたような家庭的なお店を見つけることができず、地元の人に聞き取り調査開始☆通りすがりの人や立ち飲みバーの店員さんに聞くと、とても快く、お気に入りのレストランを紹介してくれました。フィレンツェのレストランの夜の開店時間は7時からで、まだ早い時間だったので、私達は近くにあったお店でカルツォーネを軽く食べて時間を潰していました。

pizza3.jpg そしてお目当てのお店に移動しようと道にでると、工房発見☆男の人2人が熱心になにかを作っている姿が珍しく、眺めていると、、一人の男性が中に入るよう手招きがありました。誘われるがまま、中へ。二人いたうちの一人が日本語で私達に声をかけてきました。50代中年の男性、堀が深く、日本語で声をかけられるまで、日本人だとは気づきませんでした。名前は「Kさん」。イタリア在住16年、日本で個展も開いている彫刻家です。まさかこの人との出会いがこの貴重なフィレンツェの日丸一日を左右することになるとは思っていませんでした。。

 二人はここで木の彫刻を作っていて、横にいたイタリア人の師匠が作った帽子の型などを沢山並んでいました。Kさんはここで作品を作っているようです。「お前ら何したいんだ?」っとなんとも乱暴でぎこちない言葉で私達に声をかけてきました。「いや、ただ気になって、眺めていただけなんだけどなぁ。。」と私は思いながらも、私達のことやおじさんの作品のことなど話が進んでいきました。今から勧められたレストランに行こうと思っていると話すと、「あんなところっ。」ととげとげしい口調でそのレストランをけなし、突然立ち上がり、「お前ら時間あるかっ、ついてこいっ」とほぼ強制で、近くのバーまで移動することになりました。

20060330061918.jpg kさんとバーで待つこと、数分。現れたのは私と同じ年くらいの日本人女性。イタリア在住6年のバック作りの職人さん。好感の持てるはきはきとした印象。楽しいお話を聞けそうだなっと思っていたのに、それなのにぃ。。このKさん・・!

 ドキュメンタリー専攻の彼に対して、「お前はここからだろうぅ。ここからだろう、ここからだろう。。ここからだろうぅ。お前はどうするんだっ」と手を広げ、表、裏、側面と示しながら、どうやら「ドキュメンタリーは表の部分しか表現できない」と言葉足らずだが主張したいよう。。(kさんは言葉がいつも足らなくて、意味がわかりません)そんな質問に対して、ドキュメンタリーに大きな可能性を見い出している彼は、もちろん嬉しいはずはありません。

 「なんかいやな雰囲気だなぁ。。」と私とバック職人の女性は察し、どうにかこの場をしのごうと無理に笑ったり、他の話題に変えようとしました。なるべくおじさんの気の触らないような質問をしようと気をつけていたのですが。。私が「オリーブのまな板と日本で売ってるまな板はどう違うんですか?」と聞くと、どうやらオリーブの木に魅せられているおじさんにはさわる質問だったようで、「おまえなっ!(怒)」今度は私が怒られる始末。。負けじと違う質問をすると、「質問が間違ってる!」(怒)そしてまた別の質問をすると「あまえなぁ。。ありのままをみろっ!」と頑固極まりない返事。。「たすけてぇ(涙)」

なが~くなってしまったため、続きは明日☆

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

すげぇ~v-10v-10
1枚目の写真はどこから撮ったの??
素敵ね★
竹之内豊の映画思い出したぁ★
何だっけ・・・・・タイトル忘れちゃったぁ。。
「冷静と情熱の間に」だっけ??
【2006/03/31 20:46】 URL | S.Satomi☆ #- [ 編集]

Re:
あの写真は「冷静と情熱」でキーになる場所、ドゥオーモに登って撮ったよ!階段を450段くらい登るんだけど、ちょっとした達成感もあったし、登りきったあとにはこの絶景があるし、大満足だったよ!!
【2006/04/01 07:11】 URL | mariko #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://20050921.blog39.fc2.com/tb.php/83-7ee5328c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。