Two Years Honeymoon in New York ニューヨークで迎える新婚生活
「NYで新婚生活なんてかっこいいじゃん!」と大学院生の夫は云うが、限られた収入でやりくりするのは簡単じゃない!家事、語学、節約、夫婦の絆。限られた時間、収入の中でも楽しみたい。そんな新妻Marikoの奮闘記。
プロフィール

まりこ

Author:まりこ
79年2月生まれ。うお座。05年7月、入籍結婚し、NYで大学院生活を送る夫を追って05年9月渡米。マンハッタン・イーストヴィレッジで新生活を始める。高い家賃と生活費、課題に追われ帰宅の遅い夫。NYでの新婚生活は想像していたほど、バラ色ではなかった!!新妻Mariko、安くて栄養価の高い食材と素敵なNYスポットを日々探求中です!応援よろしくお願いします!

*ニューヨーク時間*
(日本時間より-14時間)

*ニューヨークの天気と気温*

Click for New York, New York Forecast



 ワンクリックすると一票入ります。
 応援よろしくお願いいたします☆
 →人気blogランキングへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お食事中の方ご覧にならないでください。
晴れ2℃現在マイナス2℃
今日朝起きて、出かける準備をしようっと蛇口をひねったら、、「嫌な予感。。」「嫌な感じ。。」水の出がよくない。。「昨日も雪だったしなぁ、凍っちゃったのかなぁ。」
「でももう少し頑張ってくださいニューヨークの寒さには慣れてるでしょ?」
使えば使うほど、水は細くなっていって、結局最後には「シュー!」。出てくるのは勢いある空気の音だけ。「あ~~、まさか。」すぐ大家さんに電話して、一時間後には「ゴロゴロ」という音と一緒に水がでてきて無事解決
修理中しかしある日のことを思い出してしまった。それは私が日本からニューヨークについて、彼と一緒にここで暮らし始めて一週間後、問題発生洗面所で顔を洗っているときに「ちらっ」。「ん??何?この汚い水は。。どちらからいらしたの?」「気のせいかぁ。」なんて見ない振り。
その二日後。「ん?でもやっぱりおかしい。」トイレに入るたびにお風呂の中が汚れるんです。「これって。。もしかして、トイレの水??」「まさかねぇ」「うそだ、うそだ。いやいや」彼は私が来る一週間前ほどにここに住み始めたばかりだというのに。
課題で忙しい彼だが、私はまだこっちでの生活に慣れてないので彼が大家さんに来るように電話をしてくれた。水道管屋さんが来てくれるとのこと。しかし約束した時間になってもなかなか現れない。「まだかなぁ。」
 そこへ大家さんがスペイン語を話す水道管屋さんを引き連れ登場。ずかずかと土足のまま上がり、トイレ・お風呂を覗き込む。工事開始。私は汚いトイレの中をいじっているところを見ていられず、キッチンへ。そしてまもなく「ドドドドドドッッッ~~!!」。家のなかでは聞いたことがないどでかいドリルの音。「えっ!?トイレ壊す気?なんでドリルが必要なの?」という思いもかき消すような大きな音。ニューヨークにきて間もない私は「なんてところなんだぁ。。」と呆れ顔。すると汚い水が流れ出てきているという。「カシャ。カシャ。」なぜだか彼はカメラを切る。「信頼できない」と記録を取っているそうです

約20分経過。「ちゃんときれいにして帰ってくださいね。」と彼が言うと、スペイン語アクセントの英語で「それは俺達の仕事じゃない。大家の仕事だ!」とで帰っていってしまった。「へ~~、そうなんだ。ニューヨークはそうなんだぁ。でも治してくれてよかった。」とただあるがままを受け止める私に対して、彼はあからさまに怒っていた。すぐ大家さんに電話をして、この酷い状況をみてもらった。「なんて仕業だ!あいつらに300ドルも払ったんだぞ!」と怒りを露わにしながらも、モップをもってきてすぐに片付けてくれた。いらいらモードの中にいるだけで、私は疲れてしまっていた。「ほっ。でも今日から気持ちよくトイレが使えるんだぁ♪」

1、2週間後。。「なんか嫌な予感がするぅ。。でも直してくれたばかりだしね。」数日後。「濁った水が戻ってきているようなぁ。もしかしてまたですか?」確信。「ガ~ン」信じていた私が馬鹿でした!「今日はシャワー浴びれないなぁ、、あぁ~~」そして翌日の朝大家さんに連絡して、あの業者さんがもちろん謝らずにやってきた。中を確認し、再びあの大きなドリル登場。「ドドドドドドッッッ~~!」私を疲れさせる音。「あぁ~あ。」と呆れ顔の私。「ハンガーある?」と差し出すと、クネクネクネ。ハンガーを潰して、排水溝に入れて、何かを取り出そうとしている。「数少ないハンガーがぁ、、仕事なんだから、道具くらいもってきてください。」なんて小心の私は言えない。そして20分後終了。ペットボトルの蓋が引っかかっていたと言う。この約二週間彼はいらいら、私はそわそわして過ごしてきた原因は小さなペットボトルの蓋でした。「お疲れさま☆」

 。。。実は今また水周りの問題でトイレが使えません。これはいつまで続くんですか??

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
お疲れ様でした。
本当に毎日いろんなことがあるねぇ。(笑)
笑いごとじゃないか・・・。(笑)
寒さに負けず、がんばって☆★
余談だけど、今日電車に乗ってたらyour husbandに似た人をみてびっくり!!
やっぱり、この世の中に3人は似てる人いるって本当なんだねぇ。?
あともう一人はどこだ?(笑)
【2005/12/09 01:35】 URL | S.Satomi☆ #- [ 編集]

RE:お疲れ様でした。
「マンハッタンに住むにはタフでないと!」なのです。
似てる人いた?
見たかった☆そんなに似てたんだ。
三人目は日本人じゃなかったりしてね。
【2005/12/09 15:52】 URL | まりこ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://20050921.blog39.fc2.com/tb.php/7-5142e479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。