Two Years Honeymoon in New York ニューヨークで迎える新婚生活
「NYで新婚生活なんてかっこいいじゃん!」と大学院生の夫は云うが、限られた収入でやりくりするのは簡単じゃない!家事、語学、節約、夫婦の絆。限られた時間、収入の中でも楽しみたい。そんな新妻Marikoの奮闘記。
プロフィール

まりこ

Author:まりこ
79年2月生まれ。うお座。05年7月、入籍結婚し、NYで大学院生活を送る夫を追って05年9月渡米。マンハッタン・イーストヴィレッジで新生活を始める。高い家賃と生活費、課題に追われ帰宅の遅い夫。NYでの新婚生活は想像していたほど、バラ色ではなかった!!新妻Mariko、安くて栄養価の高い食材と素敵なNYスポットを日々探求中です!応援よろしくお願いします!

*ニューヨーク時間*
(日本時間より-14時間)

*ニューヨークの天気と気温*

Click for New York, New York Forecast



 ワンクリックすると一票入ります。
 応援よろしくお願いいたします☆
 →人気blogランキングへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人、がんばれ~~☆
newspaper002.jpg オリンピック終わりましたね。これは一昨日のニューヨークタイムズの新聞です。荒川静香選手、やってくれましたね☆日本では荒川旋風が吹き荒れてるようですが、世界の新聞のトップページにこんなに大きく日本人が載ると嬉しいですよね!

 日本の新聞は全てのジャンルがまとまって入っているのに対して、アメリカの新聞はスポーツやビジネス、ファッションなどジャンルに分かれて束ねられています。スポーツのトップページも荒川静香選手の見事な姿が大きく載っていました。日本だけではなく、世界で認められた演技だったんですね。(実は私みてません。。恥)

 ニューヨークには沢山の日本人がチャンスを掴むためにやってきています。しかし成功している人は一握りといってもいいでしょう。こっちでやりたい仕事についている方は相当の努力家や力のある方。日本から勉強しにきて、チャンスのあるアメリカに残りたいものの、仕事がみつからずに日本に帰らざるおえない人がほとんどです。

newspaper003.jpg 文化の違いがあるため、世界で活躍するのはさらに難しいこと。今回世界でスポットを浴びている荒川静香選手。日本人の代表として素晴らしい演技をあの大舞台で演じきり、評価を得ているのは素晴らしいことですよね。これからも多くの日本人が世界で活躍されるのが楽しみです!次はワールドカップだぁ♪日本がんばれぇ!!

 応援よろしくお願いします☆→人気blogランキングへ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
記事が載ってましたヨ
http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/で記事が紹介されていたので、見に来ちゃいました。(^^)また見にきまーす。
【2006/02/26 07:11】 URL | HOLIZON #- [ 編集]


フィギアスケートはまさか金が取れるとはおもわなかった。
表彰式とか、テレビで何度も何度も流れてるけど、何度みてもウルっときまする。。
スポーツって本当にいい!!

彼女の衣装もお母さんの手作りなんだってね。
いろいろあっての金メダルだったようで、嬉しさもひとしおだろうな。。
また、ウルっときてもうなぁぁ。。。。
【2006/02/28 16:37】 URL | S.Satomi☆ #- [ 編集]


そうそう!金曜のNYT、一面の大きな写真におおっ!と思ったら・・・記事に閉口でした。
「荒川の金メダルはtriple-triple jumpを盛り込まないなど現実的な選択によるもので、過去の五輪の金メダリストに見られたような傑出したパフォーマンスではなかった。エレガントな演技だったが、なんてことのないスピンやスパイラルをきめて転ばずに滑っただけだ」とか 「荒川の後の選手が点で届かないことがわかるごとにカメラは舞台裏でコーチと笑う荒川を映し出した」とか「オリンピックが必ずしもすばらしい夜になるとは限らない」 というサラ・ヒューズのコメントを載せたりとか。ひどい・・・。

演技の写真は薄目開けてて鼻のお穴クローズアップ、唇を噛むコーエンと頭を抱えるスルツカヤの上で大口開けてガッツポーズとかイヤな感じのばかり(に見えました)。新聞写真とは意図的にカットを選ぶもの。日本のネットでもこの扱いは話題になったみたいです。

他国の勝利を素直に喜べない闘争本能むき出しのアメリカメディアに落胆してしまったのはわたしだけでしょうか。失敗しない者が勝つのは当然ですよね。荒川さんの演技、女王然としていて感動すら覚えました。ま、氷上の華、フィギュアだからこその騒動。アメリカで暮らす日本人としては鼻が高いですね!?
【2006/03/01 03:59】 URL | sakurai #- [ 編集]

Re:
私も演技みたかった!
すごい衣装だと思ってたけど、お母さんの手作りなんだね。
日本は荒川フィーバーでしょっ!
次のワールドカップでは日本人が世界で頑張ってる姿見逃さないぞ~~!
【2006/03/01 05:50】 URL | mariko #- [ 編集]

Re:
sakuraiさん、ありがとうございます!
私、記事ちゃんと読んでいませんでした。
なのでこのブログを読んでいる方々に申し訳ないことをしてしまったと反省してます。
新聞トップで荒川選手の写真がのってきたから、賞賛する記事だと思っていました。
さすがアメリカですね。。
がっかりです。素直に金を取った選手に祝いの言葉言ってあげればいいのにぃ。
アメリカにがっかりですよ。
やっぱりこれって文化の違いなんでしょうかぁ?
ニューヨークにいて、「アメリカ、これでいいの?」って思うことって沢山あるのですが、
またまたアメリカ人の意地汚い部分を見てしまいましたね。
【2006/03/01 06:11】 URL | mariko #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://20050921.blog39.fc2.com/tb.php/64-fd374a7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。