Two Years Honeymoon in New York ニューヨークで迎える新婚生活
「NYで新婚生活なんてかっこいいじゃん!」と大学院生の夫は云うが、限られた収入でやりくりするのは簡単じゃない!家事、語学、節約、夫婦の絆。限られた時間、収入の中でも楽しみたい。そんな新妻Marikoの奮闘記。
プロフィール

まりこ

Author:まりこ
79年2月生まれ。うお座。05年7月、入籍結婚し、NYで大学院生活を送る夫を追って05年9月渡米。マンハッタン・イーストヴィレッジで新生活を始める。高い家賃と生活費、課題に追われ帰宅の遅い夫。NYでの新婚生活は想像していたほど、バラ色ではなかった!!新妻Mariko、安くて栄養価の高い食材と素敵なNYスポットを日々探求中です!応援よろしくお願いします!

*ニューヨーク時間*
(日本時間より-14時間)

*ニューヨークの天気と気温*

Click for New York, New York Forecast



 ワンクリックすると一票入ります。
 応援よろしくお願いいたします☆
 →人気blogランキングへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨークでのやりかた
 私達はここでは外国人。決してここで生活することは容易いことではありません。特に最初の契約やトラブルがあったときには頭を抱えることが多いんです!今回は銀行カード発行に挑戦☆身元のはっきりしない外人にはなかなか銀行のカードを発行してくれません。さらに私は学校に所属しているわけでもなく、仕事をしているわけでもないただの専業主婦。学生証やソーシャルセキュリティーナンバーで身元を確認することができません。

 私が用意するように言われたものはパスポートとビザと住所を証明できる送られてきた封筒2通。「えっとパスポート&ビザでしょ。あとイミグレーションオフィスから送られてきた封筒と。。あっ。。どうしよう。。あと一枚なんかないかなぁ。」光熱費の請求書は彼宛に送られてくるので、「これは使えないでしょ。。」「よしっ、これにしよう!」っと手にしたものは友人からの年賀状。「よし、これでだいじょうぶ」っと銀行に向かいました。用意してきたものを提示すると、「これはだめです」と友人から送られてきた年賀状は却下されました。ガス会社や電話局など公共のものから郵送されたものでないと受け入れてくれないそうです。「そんなの聞いてないっそれに全ての名義は彼宛でだってば。。」

bankcard2.jpg 実は今回で銀行にカード作成依頼のために来たのは3回目。一度目は必要だと思われるものを用意するが、条件に合わず退散。「まぁしょうがないか。。」2度目は言われたように用意してきたのですが、もう一枚住所を確認できるものを用意してくださいと言われ、、「聞いてないっ!」あえなく帰宅。これが3度目。3度目の正直です!「今回こそは!」

 時間がない中ついてきてくれた彼。女性スタッフが淡々と私達を退けているのに、苛立ちを隠せなくなっていました。「スタッフすべてが言っていることが違うじゃないかっ!」「これで来るの何回目だと思ってるんだ!」「今日でカードが作れないと困るんだ!」とスタッフに訴えました。このピリピリとした緊張感も10分ほど続くと、スタッフも折れ始めたのか(嫌気がさしたのか?)、「では電気料金の請求書と結婚証明書を持ってきてください。」と他の提案をして出してくれました。しかし彼の熱はまだ静まらず、「またそれを取りに帰れというのかっ!?」と彼。彼の怒りは頂点まで来ていました。「上のひとを呼んでくれっ!」「こっちは時間がない中きてるんだっ!!」「信頼できん!」それはその女性スタッフの怒りにも触れてしまい。。ついには「そんなに信用できないようでした、どうぞ帰ってください。」という始末。その横で「まいったなぁ。。」と私。「それはまずいでしょ。」

 私達は彼女が妥協策を出してくれたことを受け止め、「では電気料金請求書を持ってきます。」と一言。最後にはどうにか平和の握手を交わし、彼は学校、私は家に戻り、電気請求書を用意し、再び一人銀行に戻ってきました。そのスタッフとは「外人にとってカードを持つことは大変なんですよね。よくわかります。」と完全に和解し、どうにかこれで手続き完了☆5日後にカードの名前の入力ミスなどで1時間半ほどの時間がかかったものの、無事カードゲット!!!
bankcard.jpg
「彼はずいぶん怒りっぽい人だな」って思った人もいるんじゃないでしょうか??これはニューヨークでの性格です。普段は違いますから、ご安心ください。でもですねぇ、これが私達肩身の狭い外人がここニューヨークでやっていく方法なんです。あるべき姿なんですよ。もし彼がここまでやってくれなかったら、きっと「証明できるものはありませんね、ではカードはつくれません、お帰りください。」で終わっていたと思います。郷に入っては郷に従えってことですね。日本では規則を崩すことは否とされていますが、ここニューヨークでは強く主張をすればその道は開く場合もあります。そういう意味でニューヨークは全ての人にチャンスを与える夢の国でもあるのだと思います。

 でもですねぇ、、私には難しいんですよね。。「無理です」って言われたら、「そうですかぁ。残念。。」っと引き下がるタイプなんで。性格はなかなか変えられませんよね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

またまた共感しちゃうわ麻里子ちゃん!
本当に日本とは違うよね。
日本だと”規則は規則ですから”みたいな。
規則は守るものとされていて私達もそれを当たり前に受け入れてるけど
アメリカのようにもう少し融通が利くと良いなと思う。
大変だけど、その方が合理的な場合もけっこうあるよ。
でも、私も日本に居る時は”駄目”と言われたら素直に従います(笑)

去年、アメリカで洋服を買った時に
すごーく小さくてほとんど目立たないようなシミを発見して
お店の人に”シミがあるから他に新しいのありますか?”って聞いたんだけど
それが最後の1枚だったのね。でもすごく気に入ったからどうしても欲しかったんだけど
正規の値段で買うのは嫌だったから値切った!
10パーセント安く買えたの。生まれて初めて値切った。
でも考えてみたら、日本だったらお店によってはシミのせいで
最初から安く売ってくれることもあるかな。

Anyway, 頑張ってSpeak up! よ
【2006/02/23 10:45】 URL | Naoko #- [ 編集]

Re:
なおちゃん、いつも見に来てくれてどうもありがとう☆
共感してくれて嬉しい!!
なおちゃんも最初は大変だったんじゃなぁい??
でももうすっかりアメリカナイズされてるのかな(笑)
そうなんだよね、日本では無理だと思ってることがこっちでは言ってみると融通利いたりするんだよね。
でもこのときは喧嘩になるかと思うほどだったんだよぉ!
さすがにこのままの調子で日本にいったらまずいでしょ。
なおちゃん、値切ったかぁ(笑)
【2006/02/23 11:18】 URL | mariko #- [ 編集]


満里子シャンこんばんみ
旅行とちがって生活するのって大変だね
【2006/02/23 20:15】 URL | 絵理花 亭主 #- [ 編集]

Re:
こんばんは、絵理花 亭主さん☆
いつも見に来てくれてどうもありがとうございます♪
そうなんですよ、旅行はいいとこ取りですからね。
住むとなると、最初は大変ですよ。
ところで私の「まりこ」は麻里子ですよん。
【2006/02/24 01:52】 URL | mariko #- [ 編集]


何だか読みながらハラハラしちゃった。v-12
でもよかったねぇv-22
一言いえるのは、あっしがその銀行でキレたらきっと日本語で言うんだろうなぁと、そうぞうしちゃった。笑
身につく英語ね。
NOVAなんか目じゃないね。。笑
【2006/02/24 02:07】 URL | S.Satomi☆ #- [ 編集]

Re:
ほんとどうなるかと思ったけど、無事カード手に入ってよかったよ。
今回のようなことはそろそろなくなってほしいなぁ。
satomiちゃんは日本語で言うかっ(笑)
そうそう、NOVAなんて目じゃない!
【2006/02/24 03:05】 URL | mariko #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://20050921.blog39.fc2.com/tb.php/59-33c91d4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。