Two Years Honeymoon in New York ニューヨークで迎える新婚生活
「NYで新婚生活なんてかっこいいじゃん!」と大学院生の夫は云うが、限られた収入でやりくりするのは簡単じゃない!家事、語学、節約、夫婦の絆。限られた時間、収入の中でも楽しみたい。そんな新妻Marikoの奮闘記。
プロフィール

まりこ

Author:まりこ
79年2月生まれ。うお座。05年7月、入籍結婚し、NYで大学院生活を送る夫を追って05年9月渡米。マンハッタン・イーストヴィレッジで新生活を始める。高い家賃と生活費、課題に追われ帰宅の遅い夫。NYでの新婚生活は想像していたほど、バラ色ではなかった!!新妻Mariko、安くて栄養価の高い食材と素敵なNYスポットを日々探求中です!応援よろしくお願いします!

*ニューヨーク時間*
(日本時間より-14時間)

*ニューヨークの天気と気温*

Click for New York, New York Forecast



 ワンクリックすると一票入ります。
 応援よろしくお願いいたします☆
 →人気blogランキングへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の映画
 昨日彼と久しぶりに映画と観に行った私達が観る映画はたいていキャハキャハ、ケラケラと観るようなものではありません。彼がドキュメンタリーを勉強しているので、いつも真剣勝負です

 「munich(ミュニック)」監督スピルバーグ
去年12月ごろから近くにある映画館に張られていたポスター。目にしていたものの、いつも気に留めることもなく通り過ぎていました。

munich

<ストーリー>
 1972年9月5日未明、ドイツ、ミュンヘン。オリンピック開催中の選手村に、パレスチナゲリラ‘ブラック・セプテンバー 黒い九月‘が進入。イスラエル人の選手、コーチ、大会役員11人が人質となり、世界中が見つめる中、全員が死亡する事件が起きる。イスラエル政府は、パレスチナのテロ行為と救出に失敗したドイツ警察をはじめとする各国の対応に激怒。ゴルダ・メイア首相は自分達の手で首謀者の<報復>することを決意する。(以上「ミュンヘン」より)

 映画館に着くまでの徒歩3分の間にいつものようにストーリーを教えてもらった。
 映画が終わって彼と話して、そして今改めてあらすじを確認して、やっと点と点が結びました!昨日は「よかった!」と言えなかったのですが、今になって良さがわかりました。激動、苦しみ、悲しみ、家族愛、友情など見る角度はたくさんあります。これが実話なのですから、すごいですよ。すぐそばにあるんですよね、こういう話。舞台は世界を点々とするのですが、その一つはニューヨークでした。そして主人公のエリックバナ一。なかなかかっこいいですよ☆一度とは言わず、二度三度観たい映画です。みなさん、日本では2月4日公開のようです。「ミュンヘン」、ぜひ足を運んでみてください☆


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

もうみたのぉ~v-10そうそう、かなり気になってて・・・絶対みにいってくるわぁ。
字幕付きでv-10
【2006/01/29 23:42】 URL | S.Satomi☆ #- [ 編集]

Re:
ほんと良かったよ☆
もう一度観て、内容ちゃんと確かめたいよぉ。
【2006/01/30 15:05】 URL | mariko #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://20050921.blog39.fc2.com/tb.php/42-ab5e56fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。