Two Years Honeymoon in New York ニューヨークで迎える新婚生活
「NYで新婚生活なんてかっこいいじゃん!」と大学院生の夫は云うが、限られた収入でやりくりするのは簡単じゃない!家事、語学、節約、夫婦の絆。限られた時間、収入の中でも楽しみたい。そんな新妻Marikoの奮闘記。
プロフィール

まりこ

Author:まりこ
79年2月生まれ。うお座。05年7月、入籍結婚し、NYで大学院生活を送る夫を追って05年9月渡米。マンハッタン・イーストヴィレッジで新生活を始める。高い家賃と生活費、課題に追われ帰宅の遅い夫。NYでの新婚生活は想像していたほど、バラ色ではなかった!!新妻Mariko、安くて栄養価の高い食材と素敵なNYスポットを日々探求中です!応援よろしくお願いします!

*ニューヨーク時間*
(日本時間より-14時間)

*ニューヨークの天気と気温*

Click for New York, New York Forecast



 ワンクリックすると一票入ります。
 応援よろしくお願いいたします☆
 →人気blogランキングへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本を経つ日(その1)
 晴れ12℃
 日本にいる間私はニューヨークでは高い調味料や本、突っ張り棒など、「買うものリスト」を片手に、時間が空いたときにせっせと買い物にでかけていましたおそばに、お味噌に、中国語の本に、、するといつの間にか私の部屋は、足の踏み場に困るほどの量のガラクタが山積みになっていました

 17日日本を経つ日、朝早めに起きてパッキングを開始
「よし!やるぞ!!」と気合十分。
前日から少しつめ始めていたので、「余裕~♪」。
彼から借りたグレーのスーツケースは一番大きなサイズ
なのに、化粧品と使い捨てコンタクト、目薬、調味料、本などでですぐに一杯になりました。

大きい黒のナイロンのバッグには
次にいつ帰国するのかわからないので、夏服も持っていきたい。
そして実家に使わずにあったフライパンに、持ってきた冬服、履いてきたロングブーツ。。
「いやな予感。。

まだまだあります。
百円均一で買った湯のみに、三角コーナー、CD、ビデオテープなど、割れ物は手荷物として飛行機の中にもっていこうと赤いナイロンのバッグを用意してました。しかしプチプチで念入りにぐるぐる巻きにされた割れ物たちは、かさばり、「入りっこないぃ!」
 そこで実家にあった大きい黒のナイロンのバッグを借りました。姉にバッグの口を押さえてもらいながら入ったものの、パンパンです。

手荷物の斜めがけのバッグには大切なパスポートや書類、手帳にお財布に化粧ポーチ。飛行機の中で歯を磨きたい、顔も洗いたいと、どんどん欲張りになり、チャックをするにもニット帽が挟まるし、変形したバッグはなんとも醜いお姿。

そして。朝早く起きたし、。「パッキングもほぼ最終地点。」と時間に余裕を感じながらパッキングしていたところにお客さまが登場私が日本を経つということで忙しい中、顔を出してくれのです。「嬉しい☆」久しぶりの再会に、そしてYちゃんのアメリカでのエピソードに花開き、「そうそう、そうなんだよねぇ!」なんて楽しい時間を過ごしていました。

Yちゃんが帰り、ラストスパート「ん?」と時計を見ると、「時間もなくなってきたなぁ。よし!」。いつもの「よし!」は頼りにならないことを察しながらも、もくもくと再開。今日やることのリストには本屋さんにも寄りたいし、カレーのルー、NYにいる友達にお土産などまだお仕事は残ってます。焦ってきてます「2時24分の電車に乗りたい!」

「ギューギューギュー」なんとも息苦しそうなバッグの中。「お願いだから、入って!」とこっちは必死です。見送りに言ってくれる姉と母は私を呆れて顔

結局最終確認もできないまま、出発!
勢いよく飛び出したかった!!
「重すぎる。。」
「いたい。。。」
スーツケースを抱え、二階にある私の部屋から降りる姉と母は必死。一段一段慎重にいきたいものの、重すぎて、動きません。これは予想外です。家でこうなのだから、先が思いやられます。。
どうにかこうにか下まで荷物を降ろすことができました。スーツケースに、衣類の入っている黒バッグ、手荷物の割れ物が入っているバッグ、斜めがけのバック。そして姉のバッグの中にはUの字の枕。母のバッグの中には入りきれなかった雑貨。「なんてこったぁ。これを私はニューヨークについたら一人で持てるのかぁ!?」

家から駅まで徒歩8分。2時10分に出たので、「大丈夫だろう。」ゴロゴロゴロとスーツケースが引きずる音を響かせながら、商店街を直進。黒バッグの取っ手はいつか千切れるんじゃないかと不安になるほどギシギシ言ってます。肩にかけてられないので、スーツケースの上に乗せたのですが、安定しません。そして少しでも道に凹みがあるとよろよろを道を外れてしまいます。家を出て、2分いや、家の中から、姉と母は疲れ顔。「ごめんなさ~い。」と私。そんな中今回会えなかった友人に遭遇。「あぁ!今回は会えなかったけど、また今度ね☆」と話したい気持ちを抑えながら、前に進みました。「よろよろよろ。。」

と途中。姉が私と母に荷物を預け、スーパーに直進!私たちはひたすら駅に向かいます。「遅いなぁ、お姉ちゃん。。重いよぉ。」なんていうときに親戚に遭遇。挨拶をして、その場を母にまかせ、私は以前バイトしていたパン屋さんに源泉徴収の紙をもらいに爆走!ちゃんと挨拶したかったものの、それもできず、後ろ髪引かれながらも、時間はどんどん過ぎていきます。

姉も私のために買ってきてくれたカレールー片手に戻ってきて、母も私も集結。やっとの思いで、駅に着きました。「ふっ~~」なんて一息つく間もありません。ホームまで行くのに、エレベーターの乗らなければいけません。あと2分。切符を買って、乱れに乱れた私たちの耳には電車の音が聞こえてきました。「乗れるかも!」。しかし最後の最後でスーツケースのレールが、エレベーターの隙間に挟まったのですぅ。「ばたん」あぁ、疲れた。。間に合いませんでした。空港についてチェックインをしたら、お茶をする時間を考えて、選んだ電車だったので、飛行機に間に合わないわけではないのでいいのですが、「つかれましたぁ。」姉、母、私にぐったりです

 障害物リレーのような家から駅までの道のり。すでに姉の手のひらは内出血していました。。電車の中で母と姉の冷たい視線を感じながら、成田へ向かいます
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

大変だったねv-43すごい荷物だったもんねv-356
丁度あの時、チャリに乗りながら考えてたんだぁ!!本当にv-237
すごい偶然~まさか会えるとは思っていなかったよ。

今日は東京、雪が積もってます・・・まだ降ってますv-276 
5年降りの大雪らしいからなぁ。どれくらい積もるんだろう。
新潟で雪の中を転げまわっていた私には、こんな雪は大した事はないけど、
出掛けるのは さすがに大変v-388移動手段チャリだしv-404
まりちゃんが帰る日が v-278で良かったと思うよ。

今度 帰国した時は遊びに行こうねっv-344


【2006/01/21 13:32】 URL | カナコ #- [ 編集]

Re:
カナコさん!
そう、カナコさんに遭遇したときは、必死だったんです。
それにしてもすごい偶然ですよね!
新潟に帰るって聞いてたから、今回はもう会えないなぁって思ってたんで。
今度帰ったときには行きつけのバイキングにでも連れて行ってくださいね♪
東京は雪みたいですね。
さすがの新潟出身者もチャリでは雪道走れませんよね。
気をつけてくださいね☆
【2006/01/21 13:49】 URL | mariko #- [ 編集]


お疲れ様でした!
本当に日本にいる間は買い物三昧だよね(笑)
私もそうでした。アレもコレもって。
ニューヨークだから何でも手に入るんだろうけど
高そうだもんね~。
でも麻里子ちゃんの細い体にその荷物は…。
凄い☆
【2006/01/23 03:30】 URL | Naoko #- [ 編集]

Re:
そうなんですよねぇ。
なんであんなもの買ったんだろうと、今では思うんですよねぇ。
ゼリーなんてこっちにもあるのに、ナタデココのゼリー入ってたり。

ニューヨークならなんでも手に入るんですけど、たしかに少し高いんですよね。
とは言っても、100円とか200円の差なんですけど、日本だと安いから沢山買っちゃうんですよね。

【2006/01/23 08:42】 URL | mariko #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://20050921.blog39.fc2.com/tb.php/33-31f4fa25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。