Two Years Honeymoon in New York ニューヨークで迎える新婚生活
「NYで新婚生活なんてかっこいいじゃん!」と大学院生の夫は云うが、限られた収入でやりくりするのは簡単じゃない!家事、語学、節約、夫婦の絆。限られた時間、収入の中でも楽しみたい。そんな新妻Marikoの奮闘記。
プロフィール

まりこ

Author:まりこ
79年2月生まれ。うお座。05年7月、入籍結婚し、NYで大学院生活を送る夫を追って05年9月渡米。マンハッタン・イーストヴィレッジで新生活を始める。高い家賃と生活費、課題に追われ帰宅の遅い夫。NYでの新婚生活は想像していたほど、バラ色ではなかった!!新妻Mariko、安くて栄養価の高い食材と素敵なNYスポットを日々探求中です!応援よろしくお願いします!

*ニューヨーク時間*
(日本時間より-14時間)

*ニューヨークの天気と気温*

Click for New York, New York Forecast



 ワンクリックすると一票入ります。
 応援よろしくお願いいたします☆
 →人気blogランキングへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンハッタンのサービス(その1)
 
これから話すことはもちろんすべてのスーパーとスタッフに該当するわけではございません。ただ確率が高いです。
マンハッタンのスーパー。アメリカのスーパーって見たこともないものが並んであったり、商品がきれいに陳列されていたり、見ているだけでも楽しいですよね。そしてある意味、レジでのサービスも興味深いものがあります。

 supermarket2jpg.jpgレジに並んで、「さぁ、いくらかなぁ。」と合計を言われるのを待っていると、、「ん?」その店員さんはレジを見ようともせず、無表情でただ手を開いて、私がお金を出すのを待っています。

 「なんなの?この態度。何様だと思ってるの!?」
スーパーではどんなに頑張ってもチップをもらえるわけではありません。どんな態度でお客さんに対応しても自給は同じ。「だからと言って、そんな態度はないでしょ。」

 おつりをもらいました。「ん?なんで、8.36ドルのお買い上げ、10.06渡して、おつりが1.15ドルなの?おかしい。。」と思い、そのスタッフに伝えると、、、「は?うるさいわねぇ」という顔。「あらそう。。」と渡されたのは、1.04ドル。「えぇっ!?なんで少なくなるのぉ!?」計算機を使って考えようともしない。謝ろうともしない。レジにもたれ、まるで私を邪魔者扱い。私が間違ってるのかなぁっていう錯覚に陥るんです。

supermarket.jpgニューヨークはご存知の通り人種のるつぼの街。貧富の差があり、教育を受けれない人もいます。ここニューヨークではスーパーは暗算ができなくても、お金が数えられれば働けるようなレベルの仕事なのです。

 私が小銭を探している間も、ただぼっ~とレジに寄りかかってるだけ。後ろにはたくさんのお客さんが並んでいます。そんなことお構いなしです。「何で、この間に袋につめないのぉ!?」
なんて手際の悪さ。

 そしてやっと袋に商品を入れ始めました。。ボンボン投げ入れてます。「お~~っと、いまパンの上にバナナいれたな!いれましたよね?

 なんて具合にマンハッタンのスーパーは突っ込み所満載です!
(この写真の店員さん、フードに手袋をつけてます。日本では考えられませんよね。)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://20050921.blog39.fc2.com/tb.php/20-91751d3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。