Two Years Honeymoon in New York ニューヨークで迎える新婚生活
「NYで新婚生活なんてかっこいいじゃん!」と大学院生の夫は云うが、限られた収入でやりくりするのは簡単じゃない!家事、語学、節約、夫婦の絆。限られた時間、収入の中でも楽しみたい。そんな新妻Marikoの奮闘記。
プロフィール

まりこ

Author:まりこ
79年2月生まれ。うお座。05年7月、入籍結婚し、NYで大学院生活を送る夫を追って05年9月渡米。マンハッタン・イーストヴィレッジで新生活を始める。高い家賃と生活費、課題に追われ帰宅の遅い夫。NYでの新婚生活は想像していたほど、バラ色ではなかった!!新妻Mariko、安くて栄養価の高い食材と素敵なNYスポットを日々探求中です!応援よろしくお願いします!

*ニューヨーク時間*
(日本時間より-14時間)

*ニューヨークの天気と気温*

Click for New York, New York Forecast



 ワンクリックすると一票入ります。
 応援よろしくお願いいたします☆
 →人気blogランキングへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケープタウン エルミネの城
capecoast.jpg 先週末は都市アクラより西に車で3時間ほどのところにあるケープタウンという町にニューヨーク大学のエクスカージョンで行ってきました。ケープタウンで有名な場所というとエルミネキャッスル。歴史上の大きな間違いがあった場所です。奴隷貿易が行われた場所なんです。この城の中にギューギューになって黒人さんが詰め込まれ、2、3ヵ月後に出る船を待つのです。ろくに食料も与えられないし、衛星面もよくないので、その間で死んでしまう人もいます。生き残った人は船の乗ることになるのですが、そこでもすし詰めになって運ばれるので、その間では多くの人が亡くなったそうです。その遺体はこの海の中に投げ入れられたそうです。現在いる黒人さんや少しでも肌が黒いひとの祖先に当たる人たちはここからアメリカや南米に運ばれたのです。ニューヨーク大学の生徒のなかにも何人か黒人さんがいますが、話を聞きながら泣いていました。この城の中央には、小さな教会があるのですが、一体なんのための教会か。。

capecoast2.jpg 写真右は生き残った人が船への出口。最後の出口で逃亡をしないように、頭を低くし、身をちじめて、肩を横に傾けなければ、通れない狭さになっています。どんな気持ちでここをくぐったのかと思うと、とてもつらくなります。こんは無残で残酷なことをよくできたなぁっととても悲しい気持ちになる場所です。二度とこういうことないよう皆で誓い、黙祷をしました。現在ここの出口の前に広がる光景はとても穏やかで平和な空間です。(写真上右)

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
お久しぶりです♪
麻里子さん、お元気ですか?
ゆうは一週間沖縄に行ってきました。
沖縄ではひめゆりの塔、旧海軍司令部壕などにも行ってきました。ちょっとこことは違いますが、なんだか悲しい気持ちになったのは同じです。世界中に平和が訪れますように・・・
【2006/07/19 00:38】 URL | ゆう #vi/nIO5. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://20050921.blog39.fc2.com/tb.php/141-c8bdeb30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。