Two Years Honeymoon in New York ニューヨークで迎える新婚生活
「NYで新婚生活なんてかっこいいじゃん!」と大学院生の夫は云うが、限られた収入でやりくりするのは簡単じゃない!家事、語学、節約、夫婦の絆。限られた時間、収入の中でも楽しみたい。そんな新妻Marikoの奮闘記。
プロフィール

まりこ

Author:まりこ
79年2月生まれ。うお座。05年7月、入籍結婚し、NYで大学院生活を送る夫を追って05年9月渡米。マンハッタン・イーストヴィレッジで新生活を始める。高い家賃と生活費、課題に追われ帰宅の遅い夫。NYでの新婚生活は想像していたほど、バラ色ではなかった!!新妻Mariko、安くて栄養価の高い食材と素敵なNYスポットを日々探求中です!応援よろしくお願いします!

*ニューヨーク時間*
(日本時間より-14時間)

*ニューヨークの天気と気温*

Click for New York, New York Forecast



 ワンクリックすると一票入ります。
 応援よろしくお願いいたします☆
 →人気blogランキングへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Conversation Partnerの続き
 
  ジョイにひらがなを教え始めて20分ほど経過。「あ~~」とあくびをする彼女。「夜中にバイトをしているから疲れているんだなぁ」その後さらに15分経過すると、彼女のあくびが目立ってきました。あくびを連発。そして5分経過。「これ以上いると、まりこの前で寝てしまいそうなので、今日はここまでにしましょう。」ということで、今日のレッスンは終了。素直な彼女っぽい終り方でした。週に2回月&木曜に会うという約束をして、初日のレッスンは簡単な挨拶とひらがなの勉強で終りました。

BarnsNoble.jpg
 そしてこの帰りに私はジョイのために日本語のテキストを用意しようとBarns & Nobleという本屋さんへ。「言語」のコーナーをみつけ、日本語の本を探していると、一人の日本人らしき女性が日本語のテキストを探していました。「この人も日本語を教えてるのかなぁ。」

 するとテキストを探しいていた女性が「テキスト、探してるんですか。」と英語で声を掛けてきました。私は日本人だと思っていたのですが、話してみると彼女は中国人で、生まれはニューヨーク。名前はAnnie(アニー)、22歳。 大学で日本語のクラスを取っているそうです。やはりアジア人は話しやすい。顔が似てるからか、安心感があるんですよね。お互いのことをいろいろ話しながら、私は中国語にも興味があるんだぁっと言うと、「教えてあげるわよっ。」と☆「英語も勉強したい!」というと、もちろん教えあげるっ。」と言われ、その代わりに私が日本語を教えてあげることになったのです。意気投合した私達は一時間ほど話し、次の再会を約束して別れました。

BarnsNoble2.jpg アニーは自分が言語を勉強しているということもあり、忍耐があり、丁寧にわからないところを教えることができるタイプ。中国語も分かるので、分からないことは漢字で理解しあえます。それに対して、ジョイは他言語を勉強するのは初めて。私が気になるのは、食べ物に関しても、仕事に関しても、勉強に対しても好き嫌いが激しいっ。ジョイにはちゃんと続くかなぁという思いもありますが、とにかくこの両極端な二人とこれから仲良くやっていけたいいいなぁ☆一昨日は英語と中国語、両方のパートナーと出逢った充実した一日になりました。

 よ~~し、勉強頑張るぞ~~☆☆ニューヨークに来て、約8ヶ月経ち、やっとやる気がでてきました!!

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

まりこさん、こんにちは。私はこのへなちょこな英語にホントウに頭を痛めております。約2年ほどカレッジに行ってましたが・・その後、日本へ帰りましたのでかなり忘れているんですね。旦那さんはこの英語に慣れているのでだいたいはわかってくれますが・・たまにわかってくれずイライラしちゃいます(笑)このままじゃヤバイっと思うことどれくらい経ったのでしょうか?学校に戻ろう・・と考えています。この砂漠ではこーゆう機会ないんですね。探せばあるのかもしれませんが。でも、ホントウの英語を学べる貴重な経験ですよね。スゴク素敵だな~と思います。
【2006/05/31 09:49】 URL | hulahoneys #- [ 編集]

Re:
私は国際結婚ではないけど、honeyさんの気持ちすっごくよくわかります。
移民の街、ニューヨークではほんと適当な英語で通じちゃうし、日本のお店沢山あるし。
だから私はそれに甘えちゃうんですよね。
でも国際結婚であれば、旦那さんがいい先生になってくれるんじゃないですか?
うらやましいっ☆
【2006/05/31 13:54】 URL | mariko #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://20050921.blog39.fc2.com/tb.php/113-4f12a831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。