Two Years Honeymoon in New York ニューヨークで迎える新婚生活
「NYで新婚生活なんてかっこいいじゃん!」と大学院生の夫は云うが、限られた収入でやりくりするのは簡単じゃない!家事、語学、節約、夫婦の絆。限られた時間、収入の中でも楽しみたい。そんな新妻Marikoの奮闘記。
プロフィール

まりこ

Author:まりこ
79年2月生まれ。うお座。05年7月、入籍結婚し、NYで大学院生活を送る夫を追って05年9月渡米。マンハッタン・イーストヴィレッジで新生活を始める。高い家賃と生活費、課題に追われ帰宅の遅い夫。NYでの新婚生活は想像していたほど、バラ色ではなかった!!新妻Mariko、安くて栄養価の高い食材と素敵なNYスポットを日々探求中です!応援よろしくお願いします!

*ニューヨーク時間*
(日本時間より-14時間)

*ニューヨークの天気と気温*

Click for New York, New York Forecast



 ワンクリックすると一票入ります。
 応援よろしくお願いいたします☆
 →人気blogランキングへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「利口福 Great NY Noodle Town」
 つい最近まで友人が日本から遊びに来てくれてました☆滞在期間4日。わいわいと賑やかな時間もあっという間に過ぎ、空港での号泣のお別れ(笑)そしてすっかり普段の生活に戻っています。友人との過ごした印象に残ったことや場所を書いていこうと思います。

「利口福 Great NY Noodle Town」
 ニューヨークには移民の集まりのため世界各国の料理が食べられますが、ここは舌を一休みできるお店。

greatnoodle


 私達女3人はえびダンプリングのラーメン、チャイニーズベジタブルの炒め物、海鮮麺にえびチャーハンを注文。出てきた量にびっくり!「食べられないでしょ~~!」

 食べてみると、これがまた私達日本人に合うテイスト♪おお~きなえび、豪快に切られたいか、肉厚のほたて、すべてをぺろりと平らげてしまいました。。私は今までいくつかのチャイナタウンのお店をトライしてきましたが、どんなに有名なお店よりもどんなに大きなお店よりもこのお店が一番です☆そしてこの量でなんと一人10ドル☆チップ入れて10ドルですよ。

 そして日本人にあったのは舌だけではありませんでした。
友人のIさん、お茶がほしかったようで。。

「すいませ~~ん!」

「えっ~~~!??日本語~!!??」耳を疑いましたが、確かに日本語でした。はっきりとした日本語でした。店員さんはすべて中国人で日本人に似ているからでしょう。。でもさすがに日本語では通じませんよ、Iさん。Iさんはいつもやってくれます(笑)

greatnoodle

「利口福 Great NY Noodle Town」 28 1/2 Bowery St. 212-349-0923
応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ
スポンサーサイト
チャイナタウンの屋台
20060403103324.jpg チャイナタウンでは安く食事をできます。よく海外旅行にいくと、「日本食が恋しい~~!」と思われる方。チャイナタウンでしたら比較的日本人の舌に合うものを見つけることができるのではと思います。
 チャイナタウンで有名なもの。飲茶や北京ダックなどいろいろありますが、今回紹介するものは私の大好きな屋台!!私は日本でもお祭りの屋台が大好きです。沢山の屋台が並んでいると、わくわくしてしまうんです。

20060403103331.jpg さて、私が挑戦したものは焼きそばと春巻き♪日本にあるものだと安心して食べれますよね。そしてなんといっても、値段にびっくりです☆焼きそば1ドル、春巻き3個で1ドル!激安ですよね。他にも焼き鳥やワンタン麺などいくつか屋台はありますが、ほとんどが1ドル☆となれば、いろんなものを試したいですよね。
 味の方は日本の味に似てはいますが、同じ味ではありません。麺も太いし、ソースも違う。キャベツではなく、入っていたのは白菜でした。春巻きは少し脂っこかったけど、1ドルにしては上出来です☆
 お財布にも、胃にも優しい屋台、ぜひ試してみてください!!
場所はチャイナタウンのメインストリートキャナルでした。フォークもつけてくれるので、天気のいい日にはノーホーの公園で食べるといいと思います。

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ
yakisoba


なんでこんな目にあうの??
chinatown
 
昨日、いつものようにチャイナタウンに買出しにいきました。「大根、ごぼう、キャベツに、とまと。」そして「桜えびあったら、チャイナタウンだったら安いだろうなぁ。」と乾物屋さんの前に並ぶ怪しげな食べ物たちを眺めていました。「えび、えび、えび、あったぁ。日本で売ってるのとは少し違うなぁ。」と値段をみると1パウンド(約450ドル)で16ドルという立て札がつけられていました。「桜えびがこんな高いはずはないっ。でも一ドル分だけでもほしいなぁ。」と中国人のスタッフに尋ねてみました。「一ドル分ほしいんだけど。」というと「???」という顔。値段の書いてある札を指差しました。「やっぱり1パウンドで16ドルもするんだぁ、高いなぁ。」。「半分にはできるの?」と聞くと、すでに袋につめ始めていました。「でも半分でも8ドルもするんだよなぁ、高いからや~~めよっ」とそのおばさんに、「すみません、また来ます。」って言ったとたん、、、

20060307065414.jpg おばさん、ブチギレッ!!!!甲高い中国語で私を指差し、怒鳴りちらしていました。。「やめてぇ、なんで私怒られてるのぉ。」さらにおばさんは袋に詰め掛けていた桜えびを他の商品のうえに投げつけるわ、、「勘弁してください。。」普通に話していても早く聴こえる中国語。怒ると機関銃のように心臓に刺さる!「うっっ!」
 
 何言ってるか分からないし、知らん顔していたけど、とにかく怒鳴られるだけでいい気分ではないですよね。せっかく最近いつもいっている八百屋さんのおじさんが顔を覚えてくたりと、チャイナタウン、好きになってきていたのに。。残念ながら昨日でチャイナタウンの株、下がりました。

20060307070541.jpg これは今日の写真です。そしてこの中央にいるフードきた人が私を怒鳴り散らした人。右側に透明なビニールがかかっているの見えますか?このビニールは筒状になっていて、真ん中にスリットが入っています。何のために使うと思いますか?寒さ対策です☆寒さをしのぐために、お客さんがいないときはその中で待機しているんですよ、このおばさん。中(おり?)に入ってるときのおばさんの写真をとれなくて残念!中でおとなしくしている姿はなかなかかわいいんですよ☆

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ


旧正月
 20060131072737.jpg

20060131071859.jpg チャイナタウンというと、世界にも多くの国に、そしてアメリカにもいくつかの州に存在します。しかし、その中でもここニューヨークのチャイナタウンは一番の規模であり、そしてゴミゴミとした雰囲気、せかせかした中国人、2度ほど中国に旅したことがある彼も太鼓判を押すほど、真の中国に近いのです。

 私が去年の9月にニューヨークに着き、始めて紹介してもらった友人が連れてきてくれたのがチャイナタウンでした。あの時の驚き、興奮はずっと忘れないでしょう。タクシーでやってきたものの、チャイナタウンにドコデモドアを使って中国にやってきてしまったのかっと思わせるくらいの迫力でした。活気のある商店街、ひしめく中国語の看板、甲高い中国語、風変わりな匂い、目にするもの、聞くもの全てが刺激的でした。
20060131072006.jpg
 そんなチャイナタウン、昨日は中国の旧正月でした。チャイナタウンは祭り騒ぎ!家族連れ人、カップルの人、黒人さん、白人さんなど多くの観光客で賑わいを見せました。爆竹ショーがあるChatham広場まで向かうためにMottストリートを下っていく間、多くのお店で爆竹や花吹雪が売られいました。爆竹を地面にたたきつけてバンバンと鳴らす子供達、花吹雪の筒をひねり、空に向け飛ばす人たち、至るところで「バンバンバン」。すぐに地面は花吹雪で埋め尽くされ、赤や黄色、青や白などで散りばめられ鮮やかな花道をみることができました。 
20060131081812.jpg
私達は爆竹ショーを見に行ったのですが、かなりの人であまり見えなかったのですが、町中が爆竹の爆音で覆われていました中国では年越し後初めて家の門を開けるときには、爆竹を鳴らすという習慣があるそうです。爆竹はそれを鳴らすこと自体がエンターテインメントの意味合いもありますが、その音で、悪い物を追い払う「魔よけ」の意味もあるそうです。中国文化を満喫することができ、楽しい時間を過ごすことができました。
 左の写真の子供、かわいいですよね~☆


中国パワー
曇り3℃

昨日はふらりとチャイナタウンに行った。
賑やかな通りを抜け、大通りを渡り、小道へ入った。

chinatown


中国人が路上に4.5人集まっていた。地面に無造作に置かれたダンボール一つ。「なんだろう?」とさりげなくその間をくぐり抜け、「ちらっ」とダンボールの中を確認。「えっ!?」恐くて素通りしてしまった。「おおかみ!?」普通に毛の生えたおおかみの首が3,4匹。人間の頭ほどかそれより大きい。まるでペコちゃんのように舌を横に出して、目は白目、無残な姿で入っていた。チャイナタウンのお肉屋さんなどに入ると確かに見なれないものが売っているが、おおかみは初めてだった。もちろんチャイナタウンのスーパーやお肉屋さんでも手に入らないだろう。すると一人お客さん登場。一頭購入。ビニールからはみ出ている舌と牙がなんとも恐ろしい。「どうやって食べるんですか?」なんて恐くて聞けませんでした。「中国人のパワーはすごい」と実感した一日でした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。