Two Years Honeymoon in New York ニューヨークで迎える新婚生活
「NYで新婚生活なんてかっこいいじゃん!」と大学院生の夫は云うが、限られた収入でやりくりするのは簡単じゃない!家事、語学、節約、夫婦の絆。限られた時間、収入の中でも楽しみたい。そんな新妻Marikoの奮闘記。
プロフィール

まりこ

Author:まりこ
79年2月生まれ。うお座。05年7月、入籍結婚し、NYで大学院生活を送る夫を追って05年9月渡米。マンハッタン・イーストヴィレッジで新生活を始める。高い家賃と生活費、課題に追われ帰宅の遅い夫。NYでの新婚生活は想像していたほど、バラ色ではなかった!!新妻Mariko、安くて栄養価の高い食材と素敵なNYスポットを日々探求中です!応援よろしくお願いします!

*ニューヨーク時間*
(日本時間より-14時間)

*ニューヨークの天気と気温*

Click for New York, New York Forecast



 ワンクリックすると一票入ります。
 応援よろしくお願いいたします☆
 →人気blogランキングへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブ告知
guitarcenter2.jpg 
今日は彼のライブの告知です☆
日時 3月30日(木)
時間 7:00~8:40
場所 カフェビバルディ
 in グリニッジビレッジ   
32 Jones Street 212-691-7538
決定いたしました。ミュージックチャージはないので、気軽にいらしてください。

(写真は先日「
Guitar Center」(全米にある楽器屋さん)にメトロノームを買いに行った時の写真です。)

guitarcenter.jpg マンハッタンではジャズ、クラッシックをはじめとして、世界一流の音楽を手頃な料金で聴くことができます。日本でインディーズ・ミュージシャンの音楽を楽しむくらいの料金(約1800円~3000円)で、有名なミュージシャンの素晴らしい演奏を聴くことができるのです!もちろんニューヨークでも「なにこれ??」と目や耳を疑うような、途中で席を立ちたくなるような、、パフォーマンスにでくわすこともあります。ニューヨークが一番と思うのは大間違いですよ。私達もこの両極端に翻弄されました。。

 3月30日のライブ、ニューヨークでの大きな一歩としてよいライブになればと願っています。よいライブになるかは彼の力だけではなく、みなさんの応援が必要です☆宜しくお願いいたします☆

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ

 
スポンサーサイト
シティーベーカリー
20060309111324.jpg
 昨日はぐっすり眠れなかったのか、お昼ごろに何回か眠気に襲われたので、気分転換にカフェへ☆近づいてきたイタリア旅行のリサーチでもしようと地球の歩き方を持ってきたのですが、結局開いたのはベストセラー「ダビンチコード」。ダビンチコードの主な舞台はフランスですが、上巻にはイタリアが出てくると聞き、友人に借りて読むことにしました。どこまでも想像が膨らんでしまう私にとって、このミステリー小説を一人で家で読むのができず、なかなか進みませんでした。しかし昨日はエスプレッソの機械の音、周りの人の話し声など心地よい雑音がある中、なにもおびえることなく落ち着いて本を読むことができました!

 ここシティーベーカリーはシンプルでおしゃれな内装。天井が高く、二階席もあり、一回にいる人を眺めながらボッーとしたり、友人とおしゃべりしたり読書したりゆっくりとした時間を過ごすことができます。そしてクッキーやマフィンだけでなく、一階の置くにはスープや炒め物、サラダなどが並ぶデリ形式で簡単な軽食も取れるんです。嬉しいですよね。

 では私が「シティーベーカリー」が好きな二大理由☆

① セルフサービスなので、チップを払う必要がありません。チップを払うレストランやカフェにいって、メニューに載っている値段だと思っているとがっかりするんですよね。チップを払わなくていい、ゆったりとしたテーブルがあるカフェってなかなかないんです。(スタバは日本のように高いのであまりいきません。)
 20060309072218.jpg
② クッキーがおいしいぃ♪友人が先日勧めてくれたクッキーにはまっています☆白いシュガークッキー♪ごつごつとしたアメリカのクッキーのようではなく、さくっと軽い触感♪しっとりとした生地。そして3つで1ドルという安さ☆コーヒーと合わせても2ドル55セント。お手頃でしょ。もう1つお勧めしてくれたアーモンドパウダーのクッキーは売れ切れてましたぁ。。これもまたおいしいんです!まるできな粉!シュガークッキーのようにサックサクです。人気の商品できっと早めに売れ切れてしまうのでしょうね☆クロワッサンも美味しいらしいですよ!次回試してみようかな。

 ニューヨークはコーヒーが安いんです♪(スタバは例外。)75ドルから1ドル50セントほどで、美味しいコーヒーが飲めるのは嬉しいですよね。日本では朝、缶コーヒーを買っていかれる方が多いように思いますが、こちらに缶コーヒーってあるんでしょうか??見たことないかも。。至る所にデリやカフェや屋台があるマンハッタンには缶コーヒーは必要ないのかもしれませんね。安くて、いれたてのコーヒーを毎朝飲んで、ニューヨーカーはお仕事頑張ってますよ☆

 「シティーベーカリー」♪チップもなく手頃で居心地の良いカフェ、私にとって定番カフェになりそうです☆   THE CITY BAKERY 3W.18th St.(bet.5th&6th Aves.)212-366-1414 
 応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ

citybakery


ベッドバスビヨンド
bbb1.jpg


bbb2.jpg 先日チェルシーにあるBed Bath Beyond(ベッドバスビヨンド)に収納ボックスを買いにいきました。Kマートとという格安のスーパーには18ドルのものがあったのですが、さすがに安いせいか少しでも重いものをいれると、下に押されて蓋が閉まらないようなだったのです。そこで安くはないが、質のいいものが置いてあるBed Bath Beyondにやってきました。食器に布団にドリルに掃除用品に、生活雑貨がなんでも揃っている大きなショップです。中はずらりと綺麗に陳列された商品が、天井高くまで並んでいて、開放的です。
bbb3.jpg 
 一畳ほどの納戸に入るころころ付きの収納ボックス!早速お目当てのものを見つけました☆「39ドル。」「まぁ、こんなものでしょう。でもどうやって持って帰ろう。。」悩むところです。ここに来るまでは「安かったら、配達してもらおう。高かったら、タクシーで帰ろう。」と思っていました。そこで尋ねてみると、、「15ドル!」徒歩20分ほどの距離なのに15ドルもするのぉ!!めらめらと闘争心に火がつきました「私、運ぶ!

 とカートにいれ、さっそうとレジに向かい、ボックスの上に一つハンドルをつけてもらいました。「だいじょうぶ。いけるでしょ☆。」とお店を出て、角を曲がってすぐ「ぬぬ。。ハンドルなんて役に立たない。」何度も何度も持ち方を変えてたものの、筋肉のついてないこの貧弱な腕には応えます。一度止まると動き始めるのに辛いからと、黙々と歩きましたただ大きな収納ボックスなので、足に当たり、歩幅がとれないので、いつもより小股で一歩一歩!何度も人に振りかえられながら、一歩一歩!こういう苦しいときに、あなたなら何を考えますか?私は「近くにできたクッキーやさんのクッキーが食べたいぃ!!」でした。柔らかいクッキーを想像しながら、何個もの交差点を渡り、「近道近道!」と公園を切り抜け、どうにか家が見えてきました。アパートの鍵を開け、エレバーターに乗り、ようやく我が家へ☆30分ほどかかりました
bbb4.jpg 
 「ふっ~~。。つかれたぁ。。。」と一杯の水を飲もうとしたとき、「ん??あがらない。。」筋肉が硬直してしまったのか、手が胸より上に上がりませんでした。なので、首を下に沈め、すするようにお水を飲んだのでした。なんとも惨めな姿でした。。
 それにしても、今年は重いものに縁があるのかなぁとしみじみと思いました。ついでに大きさは56×40×65でした。
 

 Bed Bath & Beyond-Chelsea店 620 Sixth Avenue New York, NY 10011 (212) 255-3550




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。