Two Years Honeymoon in New York ニューヨークで迎える新婚生活
「NYで新婚生活なんてかっこいいじゃん!」と大学院生の夫は云うが、限られた収入でやりくりするのは簡単じゃない!家事、語学、節約、夫婦の絆。限られた時間、収入の中でも楽しみたい。そんな新妻Marikoの奮闘記。
プロフィール

まりこ

Author:まりこ
79年2月生まれ。うお座。05年7月、入籍結婚し、NYで大学院生活を送る夫を追って05年9月渡米。マンハッタン・イーストヴィレッジで新生活を始める。高い家賃と生活費、課題に追われ帰宅の遅い夫。NYでの新婚生活は想像していたほど、バラ色ではなかった!!新妻Mariko、安くて栄養価の高い食材と素敵なNYスポットを日々探求中です!応援よろしくお願いします!

*ニューヨーク時間*
(日本時間より-14時間)

*ニューヨークの天気と気温*

Click for New York, New York Forecast



 ワンクリックすると一票入ります。
 応援よろしくお願いいたします☆
 →人気blogランキングへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yuka
yuka2.jpg 彼は学校で泊りこみでの作業が続いていたものの、ついに夏休みに入りました。ということで恒例(?)のお寿司食べ放題へ☆今回紹介するところは友人に教えてもらったお店。「Yuka」。18ドルの食べ放題です。5時には入ったほうがいいという友人の忠告に従ったおかげで、カウンターでゆっくりとお寿司を堪能できました。お店の人は気さくで握っている人たちは日本人。そのうちの一人はもと美容室で働いていて、グリーンカードをもらい、おすし屋さんに転職したという面白い経歴を持つ人。ニューヨークのお魚事情など面白いお話を聞きながら、舌も耳も楽しませていただきました。

yuka1.jpg 「おいしいですよ~~☆」なんでも美味しいのですが、他では食べられない特別お寿司を紹介しますね。私がこのお店の特別メニューで気に入ったのは、「ニューヨーク」。(右の写真)エビの天ぷらとうなぎが入っているスペシャル。衣はさくさく、うなぎはとろとろ、コンビネーションが最高でした。(このニューヨークはスペシャルなので、$1請求されます。)

yuka3.jpg 「スパイシーツナ」。(右の写真の巻物)これは外人さんに大人気。とにかく真っ赤。私は辛すぎるし、味わい深くもなく、どこに惹かれるのかまったく分からなかったテイストでした。外人さんの味覚ってどうなってるんでしょう。私達日本人はサーモンをたくさん一気に食べるようなことってしませんよね。でもこっちの人は厚さ1センチもするサーモンを15切れくらいひとりでぺろっと食べてしまうそうです。そして外人さんは食べる量も半端ではないっ。私達が二人で75個で苦しくなって、喉からお寿司の頭が出てきそうなのをお茶で流し込んでいるのに対して、外人さんの余裕っぷり。「負けたぁ~~」

yuka.jpg ここニューヨークで18ドルで食べ放題。お客さんはじゃんじゃんきますが、赤字覚悟。テイクアウトなどでつないでいるそうです。口コミで広がったここのお店、外人さんにも日本人にも大人気です☆「ここをどうして知ったの?」と聞かれ、「友人に教えてもらいました。」というと、「教えちゃいけないよ~(笑)」と言われてしまいました。(笑)
 
 食べ放題に行って帰るときに必ず発する言葉。もちろんこの日も出ました。「もう当分お寿司はいらない。。」(笑)食べ放題に行く度に、「もう少し大人になりたいっ!」と思うんです。とはいえ、またお邪魔しますね。美味しかったです☆

「Yuka」 1557 Second Ave.(bet.80th.&81sts.)212-772-9675    F21 D15 S20 $29   あっ、教えちゃいけないんだった。。!

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ

スポンサーサイト
メトロポリタン美術館の続き(メトで有名な日本人)
metropolitan6.jpg 美術館ではいろいろな人を見かけます。床にはシートを敷き、ディーゼルを立て絵をそっくりに模写している人や、彫刻をデッサンしている人。小学校や中学校の授業で、先生に説明を受けている生徒達。ツアーガイドに参加している人たちなど。思い思いの思いで、この美術館を利用しているのです。
 
 先日日本からの友人と日本語のツアーに参加したときのことです。私達は早い説明を必死に聞き取ろうとしているとき、「サッサッサ~」風を切るかのように小走りで私達の前に周り入る一人の少年。「ん?」その少年は親切にもその団体が進む一歩前に出て、常に笑顔でドアのサービスをしてくれるのです!「ん??この人はどなた?ツアーに参加してる日本人?美術館の人?」と友人と顔を見合わせる私達。小さな体に対して大きなリュックを背負っている彼の手には何か資料を沢山持っていました。段々と彼の存在が気になり始め、私達は意識せざるおえなくなっていました。コースをすべて把握しているようで、常にドアの前で待ち構えている彼。
metropolitan8.jpg 
 そんな彼も間違えることはあります!ドアを開けて私達を笑顔で待っていました。しかしその前を素通りしていく私達ツアー団体。。「あっちゃ~~、そっちじゃないよ~~」と私と友人の気持ちは一緒だったと思います。「がんばれっ!」いつの間にか心の中では応援していました。するとそんなことにめげず、彼はドアのサービスを続けていました。「でもこの人は一体。。どなた??」なんていう疑問を抱きながらも、ツアー解散。。

metropolitan10.jpg私達は他に見るものはないかとパンフレットの開いていたときのことです。「何かみたいですか?」とあの少年が声を掛けてきたのです。彼は身障者で、少し聞き取りにくいところがあります。「これ好き??」と見せてくれたボロボロのガイドブックにある一枚の絵。まさか嫌いとは言えないでしょ?すると「僕しか知らないのっ。」といつのまにか私達を美術館全体を案内してくれることになりました。すると「Hi,Judy!」「Hi,~~!」と至るところにいる美術館のスタッフに気軽に声を掛けています。それに応えるスタッフ、「Hi,Y(彼の名前)!」。

 「一体この人はどういう人なの??」

 「僕、毎日来てるの。みんな友達だから、ただなの。」「僕ニューヨークのことなんでも知ってるの。」ととても純粋な彼は21歳、京都生まれ、ニューヨーク在住10年です。どうやらこの美術館で有名人のようですね。「移動中に見せてくれた手に持っていた資料。それはなんと彼のことが書かれている新聞。あのNew York Timesに彼の写真と記事が載っていました。タイトルは「I love New York。~~~」。

 その彼は案内係と同時に、カメラマンにもなってくれた。「これはこの階段の上から撮るといいのっ。」と私の友人のカメラを握り締め、階段を駆け上がる彼。「考える人」の彫刻のまえではなぜか大また開きで床に寝そべって写真を撮ってくれた彼。ユーモアのある彼との出会いは私達にとってメトロポリタンでのいい思い出になりました。

metropolitan

 広いメトロポリタン、なかなか彼と出会うことは少ないかと思いますが、きっと今日も日本語のツアーで笑顔でドアマンをしているかもしれませんね。がんばれ、Yくん!よかったら、声を掛けてみてください。彼なら喜んで案内してくれますよ!

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ




メトロポリタン美術館
metropolitan1.jpg

metropolitan.jpg
メトロポリタン美術館☆パリのルーブル、ロンドンの大英博物館、サンクトペテルブルクのエルミタージュと並ぶ世界の4大美術館のひとつです。とにかく広いので、時間をたっぷりと用意してきていただきたい場所です。そろそろ帰らないとっと思っても、美術館のなかで道に迷ってしまい、迷っている間に「こんなのもあったんだぁ、へ~、すごいっ」「あっちにはなにがあるんだぁ?」なんて具合にどんどん時間が経ってしまうのです。アメリカ美術、エジプト美術など20の部門別に分かれているので、「ここの部門をみよう」と絞り込むのもいい手かもしれませんね。
metropolitan2.jpg メトロポリタンのエントランスは吹き抜けのある高い天井や、艶やかなお花と、開放的なスペース。冬に来た際にはコートや重い荷物を預けるクロークやツアーの案内がある、中央にあるインフォメーションデスクがあります。

 さて、ここでの節約方法です。大人15ドルのところ、1ドルでも50セントにでもできる裏技があります。とっても簡単なこと。チケットカウンターで「大人一人。1ドル寄付します。」と言えば、いいのです。もちろん寄付なので、25セントでも50セントでもいくらでも。旅行ってこういう小さな料金の積み重ねでお金かかっちゃうんですよね。15ドルのところ、1ドルですむようだと嬉しいですよね。私のようにこっちに住んでいるひともこの値段であれば、ちょくちょく来れて嬉しいです。支払いがすむと、チケットの代わりに「M」のマークがついたチップのようなものをくれます。それを服やかばんにつけてください。それは一日有効。なので一度美術館を出てしまったも、また戻ってこれるのです。毎日色が違うので、翌日にそのチップを持って入ろうとしてもだめですよ(笑)

metropolitan3.jpg 先日友人が遊びに来たときには、日本語でのハイライトツアー(無料)に参加しました。ツアーのスケージュールはホームページに案内がありますので、そちらを参考に一日のスケジュールを組むのもいいと思います。初めて参加した日本語でのツアー。一時間ほどでざっとメインの作品を紹介していただきました。少し声が小さかったのと、1つの作品を紹介するとさっと早足で次の作品に進んでいくのでスピードのない私についていくのに必死でしたが、分かりやすい説明で、私のような美術にうといかたやお時間のないかたにはいいのではないかと思います。一時間、あっという間でした。
metropolitan4.jpg 私がメトロポリタンで好きなところ。豊富なジャンルの作品はもちろんですが、開放的な吹き抜けや大きな窓でたくさんの光が浴びられるところ。セントラルパークを眺めたり、彫刻などを鑑賞しながら中庭のカフェでゆっくりすることもできるのです。薄暗いエリアにいて、遠くに光が差しているのをみると吸い寄せられるように光を目指していってしまうんですよね。
metropolitan5.jpg
次回も引き続きメトロポリタンを紹介したいと思います。

 メトロポリタン美術館 http://www.metmuseum.org/
1000 Fifth Avenue at 82nd Street New York, New York 10028-0198 212-570-3828 定休日 月曜

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。