Two Years Honeymoon in New York ニューヨークで迎える新婚生活
「NYで新婚生活なんてかっこいいじゃん!」と大学院生の夫は云うが、限られた収入でやりくりするのは簡単じゃない!家事、語学、節約、夫婦の絆。限られた時間、収入の中でも楽しみたい。そんな新妻Marikoの奮闘記。
プロフィール

まりこ

Author:まりこ
79年2月生まれ。うお座。05年7月、入籍結婚し、NYで大学院生活を送る夫を追って05年9月渡米。マンハッタン・イーストヴィレッジで新生活を始める。高い家賃と生活費、課題に追われ帰宅の遅い夫。NYでの新婚生活は想像していたほど、バラ色ではなかった!!新妻Mariko、安くて栄養価の高い食材と素敵なNYスポットを日々探求中です!応援よろしくお願いします!

*ニューヨーク時間*
(日本時間より-14時間)

*ニューヨークの天気と気温*

Click for New York, New York Forecast



 ワンクリックすると一票入ります。
 応援よろしくお願いいたします☆
 →人気blogランキングへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集作業
school.jpg 予防接種を受けてから、どうも体調の優れない私。ついに一昨日はほぼ完全に喉をやられました。そんな私に反してインターンに、ガーナのリサーチ、そして週に2回サマークラスを取っていて大忙しの彼。サマークラスは「編集」の授業。アメリカの大学の何がいいって、現場で働いている人が、教えてくれるところ。夏休みに入ったというのに、空いている時間はすべて編集に費やします。学校の編集室の一番大きな部屋は完全に彼の部屋になっています。私はよくここに差し入れを持って、編集作業を見させてもらったり、邪魔したりと「お邪魔」してます。

school1.jpg クラスの誰よりも編集が大好きな彼。クラスメートに驚かれるほどです。言葉では外人さんに太刀打ちできない分、映像で勝負です!アフリカから帰ってきたら、11月のファイナルプロジェクト提出に向けて、ここでの徹夜作業が続くことになるのでしょう。

 応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ

スポンサーサイト
ライオンキング
先日彼の両親と共にライオンキングのミュージカルを観にいきました。
感想は。。「最高☆☆」
lionking.jpg 会場に入る前から他のミュージカルとは違うものを感じていましたが、始まった瞬間に、胸打たれました!
映画を見た方はご存知かと思いますが、アフリカの民族音楽が流れます。ソウルフルで大地を感じさせられる音楽。体が揺さぶられるくらいの感動が沸き、涙が込み上がってきたほど。私は少女の目のように目を輝かしていました。観客席からが登場したり、観客席から近いバルコニーでアフリカの太鼓(ジャンベ)が演奏されていたりと、驚きっぱなしでした。

さすがディズニー!「つかみはグゥー☆」
いやいや、つかみだけではありません、衣装や舞台装置も凝っていて、シーンが変わるごとに想像を越える演出をみせてくれるのです。「次はなにが起こるんだろう☆」と見逃せません!
「すごいぃ~~☆」
lionking2.jpg
音楽に演出に舞台装置に衣装に、、見事です!私のミュージカルランキングNO.1は間違い無しです!
英語を分からない方でも日本で映画をみてくれば、簡単に内容を追えますよ。ライオンキングはクーポンも割引チケットもなく正規の値段のみでの販売です。少し他のミュージカルより割高にはなりますが、ぜひぜひ観にいってください。私は今でもあの感動を忘れられません。

<あらすじ>

動物たちの国の王として尊敬を集めるムファサは、息子であるシンバに、自然界を支配するバランス(Circle of life)についてや将来シンバが王となるときの心構えについて教えようとするが、子供であるシンバは友達のナラと遊んでばかりいた。そんな中、シンバが王になることを望まないムファサの弟のスカーは、ムファサ親子を亡き者にしようと画策し、ムファサは殺され、シンバにムファサが自分のせいで死んだと思い込ませ、王国から追放する。

lionking3.jpg絶望に支配されていたシンバは、ミーアキャットのティモンとイボイノシシのプンバァの2匹と出会い仲良くなり、成長していく。そんなある日、成長したナラと再会したシンバは、暴君となっているスカーにより王国が大変なことになっていることを聞かされ、自分に与えられた役目の責任を果たすことを決意。王国に戻ってスカーと手下のハイエナたちを倒し、平和になった王国を統治する。(ウィキペディアより)

ライオンキング214 W.42nd St. 212-307-4100
応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ


シカゴ&チケット購入方法
chicago6.jpg 久しぶりのミュージカル♪いつもは当日4時から余ったチケットを格安で手に入れられるtkts(47st.とbetween Broadway&7Ave.←左の写真、大きな看板が目印です。)にいくところ、友人の滞在期間4日という短い時間を有意義に使うために、事前にチケットを購入することにしました。

 直接劇場に買いに行くという方法もありますが、やはり安く手に入れたいですよね☆私が今回取った方法はタイムズスクエアーにあるビジターズセンター(7Ave. 46St.&47St.)に行き、中央にあるインフォメーションでほしいミュージカルのクーポンをもらう。そしてそのクーポンを持って、劇場でチケットを買うと20~30%近く安くなります。時期によってはクーポンがないものや、もともとクーポンがないミュージカルもあるので早いうちに確認しておくのもいいですね。

 日本にいるかたでどうしても観たい特定のミュージカルがある場合は早めに購入することをお勧めします。日本で言うシーズンオフでも日本の祝日とこっちの祝日は違うので気をつけてください。日本で出来る方法は、(安く買うことはできませんが、)各ミュージカルのホームページから購入したり、こちらのテレチャージというところに電話予約するか、または手数料が高いですが、JALワールドプレイガードカーテンコールなどの日本のチケット代理店で購入することができます。
chicago7.jpgchicago4.jpg
  今回はシカゴです。 2002年にレニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、リチャード・ギアが主演で映画化されたものです。アカデミー賞で最多12部門13ノミネート、作品賞、助演女優賞ほか最多6部門受賞作さてたものの、私を惹きつけるものではありませんでした。。<あらすじ>映画では不発で終ってしまったものの、ミュージカルではやってくれるのではないかという期待と、「友人が日本からわざわざ来てるんだから、失敗は許さないぞ~~」という気持ちもありながらミュージカルは始まりました。
 
 やはり映画とは違いました!映画ではキャサリン・ゼタ=ジョーンズ扮するヴェルマ・ケリーが光っていたものの、ミュージカルではロキシー・ハートの浸しみの沸くキュートなキャラクターに楽しませてもらいました。英語も分かりやすく、鍛えられた出演者のボディーに目が行ったり、最後のカーテンコールではキャストのひとのよさが滲み出ていて、ここに一緒にいられることに喜びを味わうことができました。

 映画ではいまいちと思った方もミュージカルは観る価値ありますよ☆分かりやすい英語ではあるものの、念のため映画で予習してきてください。

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ
皇帝ペンギン
みなさん、「皇帝パンギン」見ましたか??2005年1月26日にフランスで公開され爆発的な大ヒット、ドキュメンタリーの大傑作といわれるもの☆日本では確か夏に公開されてました。私は最近見ました。。以前紹介した「netfilex」でね。

「なにって、かわいいっ☆命ってすごい、本能ってすごいぃ!!」なんて見ながら感動の嵐でした。

<あらすじ>
マイナス40度にもなる南極での皇帝ペンギンの子育ての話。厳しい大自然の中で、皇帝ペンギンの夫婦が命がけで子供を育てるのです。卵を産んで体重の1/5もやせてしまったメスは120日間もかけて、えさを求めて移動します。その間オスは子供を守りながら、絶食。おなかの中に沢山の食料を蓄えて帰ってくる妻を信じて、激しいブリザードの中待ち続けます。

 一歩一歩、あの短いペンギンの足で進んでいく姿、何百頭ものペンギンが列をなし、本能のまま突き進む姿、感動ですよ☆動物行動学の研究者でもあるリュック・ジャケ監督は、たった3人の仲間と南極で8880時間かけて撮影したものだそうで、カメラの目の前で通るペンギン、南極の大自然の迫力、お子さんからお年寄りまで楽しめるドキュメンタリーだと思います。

まだ見られていないから、ぜひ見てくださいね☆これは見ないともったいないっ☆☆

LA MARCHE DE L EMPEUR

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ

お金じゃありません☆
ブロードウェイにミュージカルを見に行きました。
 「プロデューサーズ」☆ストーリは売れない演劇プロデューサー、マックスと、小心者の会計士、レオが手を組んで、最悪なミュージカルを上映し、出資者からのお金を騙し取ろうとする。だがそのミュージカルは大ヒットしてしまう。マックスは刑務所入りになり、そこの仲間と組んで、ブロードウェイに復帰するというコメディー。トニー賞を獲得するほどの人気と満足度らしいです。12月16日に映画も公開され、大きな看板が出てました。ウマサーマン出演です。そして内容もさることながら、ミュージカルはバンドの生演奏舞台の下で演奏してるんです。贅沢ですよね

ミュージカルはもちろん英語。プロデューサーズは特に英語が分からないと、理解できないと聞いていたので、覚悟していたのです
producers5.jpg
「よしっ」と気合十分。
始まって、20分後「なるほど~~。わかっているようなぁ。。」
中頃「うん、うん、とりあえず面白いんだろうなぁ。」
そして更に20分後「えっ~~と、どういうこと?みんな笑ってる。。」
英語は音楽のように頭の中を流れてしまっていて、、
終盤「えっ?終わり?」
なんて具合。。であまり楽しめませんでした。あは
(もちろん英語が分からなくても楽しめるミュージカルもあるのでご安心を。)

 「まぁ、しょうがないかぁ」とぶらぶらと帰り道。ニューヨークでは地下鉄のプラットフォームや電車の中で才能溢れるストリートパフォーマーをよく見かけます。ふっと外でいい音楽と出逢うと嬉しいですよね。この日はいい出逢いがありました。さっきの気分は一新して、ルンルンで帰ることができました。お金じゃないですよね。
streetperformer3.jpg

そうそう、「プロデューサーズ」は去年夏日本でV6の井ノ原くんと長野くん主演で公開されたそうです。アイドルがやると特に、本場のミュージカルのイメージも随分変わりますね。ジャニーズファンとかで劇場はいっぱいだったんでしょうかぁ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。