Two Years Honeymoon in New York ニューヨークで迎える新婚生活
「NYで新婚生活なんてかっこいいじゃん!」と大学院生の夫は云うが、限られた収入でやりくりするのは簡単じゃない!家事、語学、節約、夫婦の絆。限られた時間、収入の中でも楽しみたい。そんな新妻Marikoの奮闘記。
プロフィール

まりこ

Author:まりこ
79年2月生まれ。うお座。05年7月、入籍結婚し、NYで大学院生活を送る夫を追って05年9月渡米。マンハッタン・イーストヴィレッジで新生活を始める。高い家賃と生活費、課題に追われ帰宅の遅い夫。NYでの新婚生活は想像していたほど、バラ色ではなかった!!新妻Mariko、安くて栄養価の高い食材と素敵なNYスポットを日々探求中です!応援よろしくお願いします!

*ニューヨーク時間*
(日本時間より-14時間)

*ニューヨークの天気と気温*

Click for New York, New York Forecast



 ワンクリックすると一票入ります。
 応援よろしくお願いいたします☆
 →人気blogランキングへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業そして旅立ち。
front


 「16人」という小さなクラスで出会った友人&先生との1年半の思い出は彼にとってはもちろん、私にとても貴重なものとなりました。明白な夢を着実に追いかけている頼りになる友人。どんなに忙しいときでも助けてくれました。そんな彼らとビール片手に熱く語り合っている彼。いいものを作り上げようという気持ちは、結束力を高めるんですね。こんな仲間に囲まれている幸せをじわじわと感じ始めたのはいつの頃からでしょうか?みんなで飲みに行き、目頭が熱くなったときもありました。そんな友人&先生との節目となる卒業式が先日無事に終わりました。

 ニューヨーク大学の卒業式は盛大なもので、8日はリンカーンセンターで学部ごとに行われ、9日はお祝いのフェスティバル、そして10日はワシントンスクエア-の空の下での卒業式が行われました。アメリカの卒業式は日本の卒業式とは違い、まるでこれから戦いにでるかのような活気があり、力強いスピーチに歓声が飛びかいます。既に働き始めている友人も多いので、16人が集まることはできませんでしたが、とても楽しい時間でした。

 笑顔でお祝いをしよう!しかし写真に写っている多くの彼はどことなく。。おかしい~。というのも、一ヶ月前差し歯がとれ、間抜け顔。前歯を必死に隠していたようです。
 しかしそんな彼もステージに立てば、こっちのものです。一人一人の名前が呼ばれ、最後に並んでいた彼の名前が呼ばれました。

 ”TAKAYA KAWASAKI!(タカヤ カワサキ!)”

graduation02.jpg マフラーのようなものを首に巻いてもらい、最後に学部長との握手のはずが、ブチューとキスをされ、そのあと

“I LOVE YOU aaaaaaL!(みんな、愛してるよ~!)”と叫んだ!

やってくれました!そのあと「あなたの旦那さん、クレイジーよ(笑)」と言われたりしましたが、盛り上がりましたっ!

(↑中央にいるのが学部長と肩を組み、まるで自分1人のために皆が集まってくれたかのように振舞うたかや氏です。笑)

 こんな賑わいの翌日には仲良しのクリスがギリシャに帰りました。
クリスが”This is the end(これで終わりだね。)”と真面目な顔でお別れの話を切り出そうとしているのに対して、彼はそれをかき消すように”No!This is just a beginning.(違う!いや、始まりにすぎないよ。)”と彼の熱弁が始まり、ムードのあるお別れをしようと思っていたクリスはガックリのようでしたが(笑)、夜にはクリスの家に押しかけ、熱弁し合い、そして再会を約束しました。

 これから友人を送り出す日が増えるとは思いますが、それと同時に私たちにも再び旅立ちをする日が近づいてきました。後悔のないように、思いっきり楽しんで帰ろうと思います。そして彼がまたいつかここで出会った一生の仲間と1つの作品を作り上げられたら幸せだな~っと思う今日この頃でした。

front


front


こちらは彼のブログです。よかったら、覗いてみてくださいね。http://fulbright.exblog.jp/

スポンサーサイト
グラフィディー(落書き)
graffiti.jpgcap2.jpg  ニューヨークでは至る所でグラフィティー(落書き)を見かけます。ただの落書きもありますし、まるでプロの芸術家の作品かと思うものまで色々あります。しかしグラフィティーは列記とした法律違反で、彼らは夜中に隠れて書いているんです。暴走族や昔のチーマーが壁に「何代目~~参上」とかチーム名を縄張りに刻んでいるのと同じ意味があります。「アイディンテイーの確立」。 

cap.jpg  日本の実家の塀にもいくつかやられました。消すとまた書かれる心配があるので、そのままにしておきましたが、日本のグラフィディーは決してアートではないですよね。ただの落書き。しかしニューヨークではまるでプロのアーティストの作品かと思うくらい、色鮮やかで芸術的センスが溢れていて、ついつい見入ってしまうものがあります。しかし逮捕者が増えているのは残念。街を明るくさせてくれるグラフィテーであれば、上手く社会と溶け込めるのではないかなぁ。

 そんなグラフィティーを帽子に描いてくれる帽子屋さんがあります。似たようなグラフィティーのキャップを扱った露天はいくつかありますが、ここでは好みの帽子と柄を選んで、ペイントをその場でしてくれます。値段は帽子により違いますが、ひとつ15ドル程。よかったら、覗いてみてくださいね。
Broadway  between 3rd&4th
応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ

英語生活
 先日彼の学校の中国人の友人Lの一言で私達の英語生活が始まりました。
Lは中国人のボーイフレンドと住んでいます。ジャーナリストにとって一番大切なのは言葉。しかしアメリカで英語が母国語ではなく、そして帰国子女でもないLと主人。そして家に帰っても日本語、中国語と英語を使う機会は少ないのです。ある日皆で遊びにいった帰り、Lが「二人(私と主人)で英語で話したら!私と彼はそうしてるよ」と。一瞬ためらったものの、以前彼に同じ事を言われたことがあったんです。でもその時は「やりづらい。。」と断りました。

 しかし今回はLの提案により、「やってみようっ」という気持ちになり、始まりました日本人同士の英語生活。まだ初めて数日。極力英語を使う努力をしているものの、疲れているときや日本語の音楽が流れていたり、寝起きは日本語が出てしまいます。しかし「英語で~~ってなんていうんだろうねぇ。」と二人で教えあったり、辞書で調べたりと、なかなかいい勉強方法かもしれません☆がんばりますっ!

tree

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ

初めての
2週間ほど前のこと。
hospital.jpg 綺麗ならせん階段。暖炉に床ジュータン。一体ここはどこでしょう??ホテル??レストラン??家??っと思いますよね、普通。待合所もゆったりしていて、決してここが病院だとは思えないですよね。由緒ある古い建物をリノベーションして、作られたこの病院。高級住宅地のアッパーイーストにある「病院」です。外人さんの先生に診察されるのに少し不安があったものの、先生の親切な対応に安心。30分ほどの説明を終え、応接間のような部屋から治療が行われる個室へ移動しました。

hospital2.jpg そして診察台へあがり、久しぶりの「注射」に緊張気味。ちゃんと見えないように眼鏡を外し、彼も記念にカメラ、そして片方の手にはビデオをかまえていました(笑)「はい、息すって~」ってなんか出産の立会いをしてるかのようでした(笑)

左腕に2本、右腕に2本、合計4本の注射をしました。

詳しくは次の更新でお話します。応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ

Conversation Partnerの続き
 
  ジョイにひらがなを教え始めて20分ほど経過。「あ~~」とあくびをする彼女。「夜中にバイトをしているから疲れているんだなぁ」その後さらに15分経過すると、彼女のあくびが目立ってきました。あくびを連発。そして5分経過。「これ以上いると、まりこの前で寝てしまいそうなので、今日はここまでにしましょう。」ということで、今日のレッスンは終了。素直な彼女っぽい終り方でした。週に2回月&木曜に会うという約束をして、初日のレッスンは簡単な挨拶とひらがなの勉強で終りました。

BarnsNoble.jpg
 そしてこの帰りに私はジョイのために日本語のテキストを用意しようとBarns & Nobleという本屋さんへ。「言語」のコーナーをみつけ、日本語の本を探していると、一人の日本人らしき女性が日本語のテキストを探していました。「この人も日本語を教えてるのかなぁ。」

 するとテキストを探しいていた女性が「テキスト、探してるんですか。」と英語で声を掛けてきました。私は日本人だと思っていたのですが、話してみると彼女は中国人で、生まれはニューヨーク。名前はAnnie(アニー)、22歳。 大学で日本語のクラスを取っているそうです。やはりアジア人は話しやすい。顔が似てるからか、安心感があるんですよね。お互いのことをいろいろ話しながら、私は中国語にも興味があるんだぁっと言うと、「教えてあげるわよっ。」と☆「英語も勉強したい!」というと、もちろん教えあげるっ。」と言われ、その代わりに私が日本語を教えてあげることになったのです。意気投合した私達は一時間ほど話し、次の再会を約束して別れました。

BarnsNoble2.jpg アニーは自分が言語を勉強しているということもあり、忍耐があり、丁寧にわからないところを教えることができるタイプ。中国語も分かるので、分からないことは漢字で理解しあえます。それに対して、ジョイは他言語を勉強するのは初めて。私が気になるのは、食べ物に関しても、仕事に関しても、勉強に対しても好き嫌いが激しいっ。ジョイにはちゃんと続くかなぁという思いもありますが、とにかくこの両極端な二人とこれから仲良くやっていけたいいいなぁ☆一昨日は英語と中国語、両方のパートナーと出逢った充実した一日になりました。

 よ~~し、勉強頑張るぞ~~☆☆ニューヨークに来て、約8ヶ月経ち、やっとやる気がでてきました!!

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。