Two Years Honeymoon in New York ニューヨークで迎える新婚生活
「NYで新婚生活なんてかっこいいじゃん!」と大学院生の夫は云うが、限られた収入でやりくりするのは簡単じゃない!家事、語学、節約、夫婦の絆。限られた時間、収入の中でも楽しみたい。そんな新妻Marikoの奮闘記。
プロフィール

まりこ

Author:まりこ
79年2月生まれ。うお座。05年7月、入籍結婚し、NYで大学院生活を送る夫を追って05年9月渡米。マンハッタン・イーストヴィレッジで新生活を始める。高い家賃と生活費、課題に追われ帰宅の遅い夫。NYでの新婚生活は想像していたほど、バラ色ではなかった!!新妻Mariko、安くて栄養価の高い食材と素敵なNYスポットを日々探求中です!応援よろしくお願いします!

*ニューヨーク時間*
(日本時間より-14時間)

*ニューヨークの天気と気温*

Click for New York, New York Forecast



 ワンクリックすると一票入ります。
 応援よろしくお願いいたします☆
 →人気blogランキングへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業そして旅立ち。
front


 「16人」という小さなクラスで出会った友人&先生との1年半の思い出は彼にとってはもちろん、私にとても貴重なものとなりました。明白な夢を着実に追いかけている頼りになる友人。どんなに忙しいときでも助けてくれました。そんな彼らとビール片手に熱く語り合っている彼。いいものを作り上げようという気持ちは、結束力を高めるんですね。こんな仲間に囲まれている幸せをじわじわと感じ始めたのはいつの頃からでしょうか?みんなで飲みに行き、目頭が熱くなったときもありました。そんな友人&先生との節目となる卒業式が先日無事に終わりました。

 ニューヨーク大学の卒業式は盛大なもので、8日はリンカーンセンターで学部ごとに行われ、9日はお祝いのフェスティバル、そして10日はワシントンスクエア-の空の下での卒業式が行われました。アメリカの卒業式は日本の卒業式とは違い、まるでこれから戦いにでるかのような活気があり、力強いスピーチに歓声が飛びかいます。既に働き始めている友人も多いので、16人が集まることはできませんでしたが、とても楽しい時間でした。

 笑顔でお祝いをしよう!しかし写真に写っている多くの彼はどことなく。。おかしい~。というのも、一ヶ月前差し歯がとれ、間抜け顔。前歯を必死に隠していたようです。
 しかしそんな彼もステージに立てば、こっちのものです。一人一人の名前が呼ばれ、最後に並んでいた彼の名前が呼ばれました。

 ”TAKAYA KAWASAKI!(タカヤ カワサキ!)”

graduation02.jpg マフラーのようなものを首に巻いてもらい、最後に学部長との握手のはずが、ブチューとキスをされ、そのあと

“I LOVE YOU aaaaaaL!(みんな、愛してるよ~!)”と叫んだ!

やってくれました!そのあと「あなたの旦那さん、クレイジーよ(笑)」と言われたりしましたが、盛り上がりましたっ!

(↑中央にいるのが学部長と肩を組み、まるで自分1人のために皆が集まってくれたかのように振舞うたかや氏です。笑)

 こんな賑わいの翌日には仲良しのクリスがギリシャに帰りました。
クリスが”This is the end(これで終わりだね。)”と真面目な顔でお別れの話を切り出そうとしているのに対して、彼はそれをかき消すように”No!This is just a beginning.(違う!いや、始まりにすぎないよ。)”と彼の熱弁が始まり、ムードのあるお別れをしようと思っていたクリスはガックリのようでしたが(笑)、夜にはクリスの家に押しかけ、熱弁し合い、そして再会を約束しました。

 これから友人を送り出す日が増えるとは思いますが、それと同時に私たちにも再び旅立ちをする日が近づいてきました。後悔のないように、思いっきり楽しんで帰ろうと思います。そして彼がまたいつかここで出会った一生の仲間と1つの作品を作り上げられたら幸せだな~っと思う今日この頃でした。

front


front


こちらは彼のブログです。よかったら、覗いてみてくださいね。http://fulbright.exblog.jp/

スポンサーサイト
ライブ&映画祭情報
みなさま、お久しぶりです。
お元気ですか?
私たちは3月後半から2週間、日本に一時帰国していました。きっとニューヨークは暖かくなってるんだろうなぁっと期待していたのですが、まだ春とは言えませんね。私は、時差ぼけもやっと治り、「ゆっくりとした毎日を。」っと思い描いていたのは、まだ先になりそうです。

以下は彼のライブと映画祭の情報です。

今週4/18水曜日にヴィレッジのCaffe Vivaldiでライブをします。僕の一枚目のアルバム「東の空」を演奏した稀代のジャズ・ピアニスト、荒武裕一朗氏を招いてのスペシャルライブです。先週末、急遽決定しました。現在レコーディング中の新曲も織り交ぜてお送りします。

詳細は下記の通りです。もしお時間が許すようであれば、誘い合わせて、ぜひ遊びにいらしてください。お待ちしています!敬也

1. ライブ詳細
日時:4月18日(水) 21:00~22:30 p.m.
場所:Caffe Vivaldi in Greenwich Village
住所:32 Jones Street, New York, NY
入場料:無料
電話:(212)691-7538
WEB:http://www.virsaonline.com/ListeningRoom/vivaldi/calendar/currentcalendar.htm
地図:http://maps.yahoo.com/index.php#q1=32+Jones+Street,+New+York,+NY,+us&env=F

2. 国連ドキュメンタリー映画祭
お蔭様で、「Good Morning, Dangme」が特別招待作品として上映されることになりました。今年の映画祭の記念すべきオープニングを飾ります。

日時:4月21日(土) 10:45~11:45 a.m.
場所:New School, Tishman Auditorium
住所:66 West 12th Street New York City, New York
入場料:$15(学生$8)
WEB:http://www.mcainy.org/common/news/info_detail.cfm?QID=2441&clientID=11040
地図:http://maps.google.com/maps?ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&tab=wl&q=66%20West%2012th%20Street%20New%20York
よっ☆「Good Morning, Dangme」!
 

 久しぶりの更新です。ニューヨークはマイナスの世界から抜け、暖かくなり始めてきました!

 今日は朗報です☆国連ドキュメンタリー映画祭で彼の作品「Good Morning, Dangme」が特別招待作品として選ばれました。ガーナの方はもちろん、先生方のアドバイスや励まし、上映会に足を運んで頂いたり、温かく見守って頂いたり、多くの方の力無しでは成しえなかったでしょう。どうもありがとうございました!今後何か進展がありましたら、ここでご報告させていただきますね。

 (この知らせがあったとき、テーブルを叩き割ってしまうのではないのかっというくらいの彼の激しい喜びように、私は身を縮めて恐がってました。。)




上映会のお知らせ
新年明けましておめでとうございます。そして大変ご無沙汰しております。新年のご挨拶を申し上げるには少し以上に時間が経ってしまいましたが、近況、いかがお過ごしですか。 私はアフリカから帰ってきてから、アルバイトを始め、バタバタとした毎日を過ごしております。

 本日は上映会のお知らせでご連絡させていただいております。昨年の夏、ガーナ・リベリアで撮影した卒業制作ドキュメンタリー「Good Morning, Dangme」が完成しました。このドキュメンタリーは、アフリカのある貧しい漁村に出来たコミュニティ・ラジオ局を通じて、村人達とそこでボランティアとして働く地元ジャーナリスト達が、外からの支援に頼るのではなく、自らの対話と知恵を分かちあうことで、内側からコミュニティを変革していこうと奮闘する姿を記録したものです。このラジオ局「ラジオ・アダ(Radio Ada)」は、現在、国連等の要請を受けて、他のアフリカ諸国のラジオ局にワークショップを提供するなど、近年途上国で増加・成長しているコミュニティ・ラジオ局のパイオニア的な存在としても活躍しています。

 「Good Morning, Dangme」は、熾烈を極めた編集を終えて47分の長編ドキュメンタリーとなりました。つきましては、2月3日(土)にNYUで上映会を行います。完成後、初の上映会です。そしてNYU映画祭のオープニングを飾ります。土曜日の午前11時と少し早めの時間ですが、もしお時間が許すようであれば、是非観にいらしてください。

 また当日は、オープニング作品ということもあり、相当の混雑が予想されますので、お越しの際には、5分、10分前にはご来場頂けますとありがたく存じます。入場料などはございませんので、お友だちなども誘い合わせてぜひ気軽にお越しください。また上映の後には10分程度の監督Q&Aセッションもあります。詳細は下記の通りです。お待ちしています。

敬也 麻里子

>>上映会詳細
Date: Saturday, February 3
Time: 11:00-12:00
Place: 19 University Place (At 8th ST), Room 102
Admission: Free
Map: http://www.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=19+University+Place,+New+York,+NY&ie=UTF8&om=1&z=16&ll=40.732202,-73.994787&spn=0.006553,0.016994&iwloc=addr&z=16&pw=2

"Good Morning, Dangme" (47 minutes) Produced by Takaya Kawasaki
Synopsis: Radio Ada, the first community radio station in Ghana, is a powerful engine of social change for poor rural fishing and farming communities. By broadcasting in the local language, Dangme, this radio station has helped a predominantly illiterate and patriarchal society cope with its education and gender problems. With the support of the UN and international organizations, Radio Ada now serves as a role model for many African countries.

front

アサフツフェスティバルの続き
土曜日のアサフツフェスティバルの様子。

front

asafotu3.jpg

asafotu4.jpg
左の写真:おめかししている観客。
右写真:10人のチーフたちがかつがれ登場。手には剣を持ち、艶やかな衣装をまとっていました。右下の写真にある大きな銃。至る所で銃声が聞こえてきました。このフェスティバルの名前「アサフツ」の意味は「銃声」という意味です。「銃声のお祭り」という意味。

front

太鼓に合わせ、さまざまなダンスが披露されました。リズム感の良さに脱帽っ☆
front

応援よろしくお願いいたします。→人気blogランキングへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。